「新宿鮫」を読んでみた - 読書の花道。

「新宿鮫」を読んでみた - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » 「新宿鮫」を読んでみた

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新宿鮫」を読んでみた はてなブックマークに追加

これ。本当は文庫サイズなんだけど出てこないからこれでいいや。

新宿鮫 (光文社文庫)新宿鮫 (光文社文庫)
(1997/08)
大沢 在昌

商品詳細を見る


面白みが伝わってこない。

文庫サイズだからかな、1ページ二段っていうのが不慣れなもんで、
少し読みにくかった。

あと、鮫島と桃井の人間関係が以下の図式かと思っていたら

鮫島
↓苦手
桃井

尊敬してたのね、おかしい、そんなクダリあったかな。

気になったのは以下。

・主人公が彼女持ち
・専門用語多い
・モーホーが多い。そして用語分からん。

それから、情景を描写しようとする説明、これまた
分かりにくかった。

いっそ絵を書けばいいじゃんとか思うけど、それだと
反則なんだよね。

厳しいね、小説世界は。

といいつつ、ハラハラさせやがる展開が多く非情に
面白かったので、結果オーライかな。

しかしこの作品、このミス歴代1位なんだけど、
そうなのかなー、と思ってしまった。

もしかして、たくさんミステリー系を読んでいる
人じゃないとこのミスにランクインした作品、面白く
無いんじゃ無い?

うーむむ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/10-41579b2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。