[感想] 「告白」 湊かなえ著 - 読書の花道。

[感想] 「告白」 湊かなえ著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [感想] 「告白」 湊かなえ著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「告白」 湊かなえ著 はてなブックマークに追加

これ。
告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


予想以上の作品。

読み終えた後の、後味の悪さと救いようの無さは秀逸。

何かもう、事件は最悪。
また、読者が犯人に抱く気持ちを揺さぶる手腕が絶品。

全般に渡り、語られ口調で進められる。
一人の視点でね。

ストーリーはこんな感じ。

中学のある女性教師の愛娘が事故で死亡した。
だが、その事故は殺人だった。

犯人はこの中にいる。

と、自分が受け持つクラスのHRで宣言。

名前は伏せるが、誰もが分かる内容で二人の犯人を指し示す。

そして、HRが終わるころ、彼女の復讐劇が始まる。
それは、被害者にとって最高の、被害者にとって最悪の復讐方法だった。



短いな。
こっからネタばれ。

犯人は少年AとB。これはまぁ開始10ページくらいで判明するんだけど、
こいつらへの気持ちの揺さぶり方が尋常じゃない。

犯人Bの方は、普通の中学生。
こいつの役は、普通の中学生が事件を起こすまでの心の変化を
描きたかったのだろう。

正直、こいつはどうでも良かった。

問題は少年Aのほうだ。

こいつ、途中いい奴かな?と同情を引くような書き方をしたかと思えば、
ラスト近くになると、その評価は激変させるような、残酷な一面を
見せつける。

その上で、少年Aに対し、憎しみを読者に植え付けたところで、
最も残酷な復讐劇を考えた、この作者がすごい。

あわわわわ。だわさ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/105-7f1ff91d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。