[感想] 「パラドックス13」 東野圭吾著 - 読書の花道。

[感想] 「パラドックス13」 東野圭吾著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [感想] 「パラドックス13」 東野圭吾著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「パラドックス13」 東野圭吾著 はてなブックマークに追加

これ。
パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


13時13秒から13秒間、時間が飛ぶ。
というのがテーマ。

その13秒後、忽然と人が消えるんだ。
あっというまにね。
そんな全人類が消えたっぽい中で奇跡的に生き延びた人もいる。

それが、主人公と思われる巡査(?)の冬樹。
母と子供のペア。
(子供はなぜかしゃべれない)
冬樹の兄で警視正(?)の誠哉。
女子高生と老夫婦、経営者とその秘書(おっさん)。
それから看護婦。

そんな人たちの東京サバイバルミステリーが本作の軸です。

前半はそんな感じで、東京から突然人が消えたらどうなるか、という
事を、実に見事に、リアリティ溢れる内容で描写しているんだ。

中盤では、仲間がさらに1人追加されるんだけど、これが中々な問題児。
いや、その人が問題という事ではなく、この人の職業に難があるんだ。
その難について、仲間にするか、否かについての議論は、圧巻でした。

それからインフルエンザ。
お薬がない時にインフルエンザにかかると大変ってことが分かったよ。
気をつけないと。

終盤はダイナミックな内容だったよ。
生き残りの可能性にかけるか、この世界で生きていくか。
二度と後戻りの出来ない究極の二者択一。
その葛藤が人間らしくて素晴らしいんだ。

PS.
Amazonでは何たら作品の二番煎じだ、とか言われているらしい。
僕はこういった無人島サバイバル系の本を読んだ事なかったので
とても面白く感じたんだけどなぁ。
もしかして、同じような作品を読んだ事のある人にとっては
残念な内容なのかもね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

No title

どんどんキャラクターに感情移入。
読み始めたら途中でやめることができませんでした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2010-11-11 14:29 │ from 藍色URL

Re: No title

藍色さん!
コメントありがとうございます!
究極の状態の人間ドラマ、面白いですぅ!

また遊びに来て下さい!
トラックバックもさせて頂きました!
よろしくお願いします!

2010-11-12 01:25 │ from ろぐすけURL

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/115-b3f04d4a

パラドックス13 東野圭吾

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。 陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。 破壊されていく東京に残されたのはわずか13...

2010-11-11 14:10 │ from 粋な提案

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。