[感想] 『さぁ、才能(じぶん)にめざめよう』 マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン著 ←Yes,My Load. - 読書の花道。

[感想] 『さぁ、才能(じぶん)にめざめよう』 マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン著 ←Yes,My Load. - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ビジネスの本 » [感想] 『さぁ、才能(じぶん)にめざめよう』 マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン著 ←Yes,My Load.

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 『さぁ、才能(じぶん)にめざめよう』 マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン著 ←Yes,My Load. はてなブックマークに追加




みなさん、自分の才能を存知でしょうか。
(最近この入り方多いなぁ)

人と話をするのが好きなので、俺ってば

「社交性」の才能あるなー、とか、

いやいや、オレの場合計画を立てるのが好きだから

「戦略性」があるよぃ、とか。

ろぐすけはと言うと、実は自分の才能を知っています。

それはこんな人たちです。

■ろぐすけの才能
  1位:回復思考
  2位:収集心
  3位:学習欲
  4位:調和性
  5位:内省

これ、結構当たってるんですよね。


ここでなぜ、ろぐすけごときが自分の才能知ってるんだよぃ。

と思ったあなた、実は才能は簡単に調べることができるのです。

それが今回ご紹介するこの本。
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る



この本のすごいところはその調査対象者数の膨大な数です。

およそ200万人

この膨大な人数から、各個性を34個にしました。

これらの個性には色々あって、おしゃべり上手や

口下手、アグレッシブや、勉強好き、コレクターなどがあります。

詳しくは、小飼弾さんの書評ブログに書かれていますので
そちらをどうぞ。
小飼弾さんのブログ

著者の説明ではですね、才能と言うのは生まれてから

小学校くらいまでの間に決まるとあります。

それは、日々の考えや感情、行動パターン、環境などに

よって決まるとか。

この期間に、脳のシナプスという信号が活発に活動してですね、

ぶっとい網の目ができあがり、その人の性格を形状するそうです。


また、才能とは=個性という事を強調していました。

才能という言葉は、強みとか他より秀でている、という意味で

捉えられがちですが、結局はその人の個性ですって。

だから、あなたは変わっているよね、とか言われたら

「おぉ!才能を認められた!」

と思えば良いんです。グスン。

あと、一番びっくりしたのは、新しい個性(才能ね)を

大人になってから鍛えるとか伸ばす事は

できないんだそうです。

他の人を見て、あぁ、あの人のこういう所いいなー、

ちょっと真似しよう、といった感じで、他の人の

良いところをそのまま取り入れようとしても

うまくいかないです。

うまくいくようにするには、自分の個性を知ってですね、

その部分をうまく利用し取り組んでいくことが大事なんです。


それからそうそう、一番大事な事。

この本を買うとですね、以下のページから

オンライン才能診断が受けられます。

■ストレングスファインダー
http://sf1.strengthsfinder.com/ja-jp/homepage.aspx

問題は全部で200問。

たっぷりあります!

テストは1問に付き30秒の制限時間があります。

答えられないのも個性に入るそうです。

またこの30秒という時間は、潜在意識が

一番顕著に現れる時間なのだそうです。


ろぐすけもこれを受けて、才能を知りました。

じゃぁ、本を買わなくても出来るの?

って思ったあなた、鋭い!!

無理です!!!!

才能診断を受けるには、この本の裏のカバー裏にある

シリアルナンバーを入手するしか無いのです。

しかも一回ポッキリ!!

いよっ!この商売上手!!

ということで、今すぐにでもこの本を買って

才能診断する事をオススメします。


では、多くの人にとってどうでも良い事かと思いますが、

ろぐすけの才能について紹介したいと思います。


回復思考
回復思考というのは、問題解決とかそういう方面です。
問題のある状態を本来あるべき姿に戻すやつです。

収集心
収集心とはその名の通り、コレクターの事です。
何でも集めたがる人の事です。でもそれを有効には
使おうとしません。
ただ集めるのが好きな人です。

学習欲
学習欲とはそのまんまですね。
知的欲求が強い人の事です。
ちなみに、ろぐすけは大学とか一般高校を出ていないので
難しいお勉強(微分・積分とか)に憧れます。

調和性
調和性とは、争いが苦手な人のことです。
争いごとが起きたらうまく折衷案を出して
お互いを納得させるような、そんなところです。

内省
内省とは、自分との対話です。
人と会話して進めるより、自分と対話して
進めるほうがうまくいく人です。

総じて、ろぐすけには以下のような仕事が

お似合いと言うことが分かりました。

問題解決を生業とする仕事で、
手軽に情報を収集できて、
その延長で学習しながら
周りの優しい人やほんわかした人と一緒に仕事が出来て
仕事の姿勢は一人で取り組める環境である事。



ちなみに、今の仕事は上記にかなり近い状態にいますが、

あんまり楽じゃないですし、強くもないです。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/134-6e90fa75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。