[感想] 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫著 - 読書の花道。

[感想] 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » 生活の本 » [感想] 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫著 はてなブックマークに追加

将来、太った時のためにこんな本を読んでみました。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
(2007/08/16)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る


この本では、著者が1年間に50キロもの減量に正解したダイエット方法、その名も「レコーディングダイエット」について紹介してます。

では、そのレコーディング・ダイエットとはどんな方法なんでしょう。

それはこんな方法です。

①飲み食いしたものを時間と共に徹底的にメモる。

②飲み食いしたもののカロリーを計算する

③1日の摂取カロリーを守る

④これを維持する




食べる量がハンパなかったり、よく間食する人は①を実行するだけで体重が減っていくそうです。

うへー、こんなに食べてたのかー、少し自重しよー、といった具合に。

では、各フェーズについて解説。

①飲み食いしたものを時間と共に徹底的にメモる。

ここでは、体重を毎日測ることと、我慢しないこと、が約束事として上げらてました。
目的は現在の状態を知ることなので、そうなんでしょうな。



②飲み食いしたもののカロリーを計算する

カロリー計算は、食べ物のパッケージの裏とかに書いてあるそうなので、そちらを参考にすれば良いと思います。
ただ、中にはカロリーが書いていない商品もあるのですって。
そういう商品は要注意。
なぜなら、書けないほど凄まじいカロリーである可能性が高いからです。
また、カロリー計算は以下のサイトを参考にすると良いですよ、とありました。

イートスマート
しらはせのサイト

あと、
・体重と体脂肪率を毎日測ること
・どうやったら総カロリーが減らせるか想像してみる。でも我慢はしないこと
とういことも上げられてました。


③1日の摂取カロリーを守る

一日のカロリー摂取量は低すぎてもダメなんですって。
理想は自分の基礎代謝量ギリギリが最も効率良く痩せられるとか。

基礎代謝量は年齢別にこんな風になってました。
(平均的な体系の場合)

◆18~29才
 男性=1550キロカロリー
 女性=1210キロカロリー
◆30~49才
 男性=1500キロカロリー
 女性=1170キロカロリー
◆50~69才
 男性=1350キロカロリー
 女性=1110キロカロリー

注意しないといけないのは、上記が最低基準だよ、とのこと。

例えばいきなり1000キロカロリーとかにしたら、体がびっくりするのだそうです。

体「緊急指令!緊急指令!栄養足りなすぎす!これより飢餓状態に入る。繰り返す、これより飢餓状態に入る!!」

と言うことになって、「何か食いもんプリーズ」サインを色々出すのですって。

そういう時にたくさん食べるとリバウンドが来て、もっと太るとか。

ですから、やるなら飢餓状態にならないよう注意が必要なのだそうです。


④これを維持する

とりあえず、ご飯食べるときに「満腹」とか「ちょうどいい」の一歩手前、「まだちょうど足りない」で食事をやめること。
それから、胃袋を小さくすることを心がける。
例えば、食事するときも一口ごとに自分に問いかけて、
「まだ食べたい?」と自問自答。
体がその食べ物を求めなくなったらそこでストップする。
こういう努力が必要なのだそうです。




また、著者は非常に論理的にレコーディングダイエットに至った経緯を説明しています。
これには納得しました。

まず「見た目主義社会」っていう下り。

例えば、野球場のビールとかを売り歩いている売り子。
この売り子の売上には、条件は一緒なのに売上に差が出るのだそうです。
明らかに特定の何人かの売り子だけ売上が高い。

調べると売り子のルックスが原因でした。つまり見た目ね。

ルックスの良い男子と女子が売上が高かったのだそうです。

それからコンビニもそう。
新規オープンしたお店には本部などからルックスの良い人がヘルプに来るのだそうです。

このように、見た目もビジネスに重要なテーマになってます。

じゃぁ、どうやって見た目を鍛えるか。

整形、メイク・髪型、ファッション、ダイエット。

色々あるんだけど、一番良いのがダイエットなのだそうです。

次に、じゃぁ幾多もあるダイエット方法の中でどれが一番良いか?

その答えがレコーディングダイエットなのだそうです。
(本書では15個あるダイエット方法から一番低い投資で、一番高いリターンがあり、そして一番低いリスクとして選んでいました。)

将来太ったら思い出そうっと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/183-4d268970

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。