石友ホームの富山のプレカット工場へ行ってきました。 - 読書の花道。

石友ホームの富山のプレカット工場へ行ってきました。 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » マイホーム » 石友ホームの富山のプレカット工場へ行ってきました。

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石友ホームの富山のプレカット工場へ行ってきました。 はてなブックマークに追加

富山にある石友ホームのプレカット工場へ行って参りました。

ここ

プレカット工場とは木を切るところです。

あたりまえか。

大工さんの友達が言っていたのですけど、木って普通は現場で切るそうです。適切な大きさで。

これを事前やっておくのがこの工場です。

そうするといくつかメリットがあります。

まず、現場で木を切る手間が省けるので、家を建てる期間が短くなります。

それから、木を切る人手を少なくできるのでコストも削減できます。

また、工場を持ちたくないハウスメーカーの木も一緒に切ってあげれるので、ちょっとお金もらえます。

こういった理由から、プレカット工場は良いといイメージを持ちました。

デメリットは何だろな。

現場で木を切るとういことに比べたら、切った木を放置する時間が長くなるので、その分なんか傷みやすいとか。

いやでも、この先何十年も家を支えることを考えたら、大した期間じゃないか。

じゃぁ何かあるかな。

思いつかない。

ということで、プレカット工場は良いことばかりです。


また、集成材という木についても勉強しました。

木の一番強いところって分かります?

そうです!すばらしい!一発で当てるとは!

年輪の中心部分です。

この年輪の中心部分が一番強いので、その部分の木は、木界の中でも一目おかれる存在なのだそうです。

逆に、木の外周部分の年輪の中心が無い木は弱っちいのだそうです。

その差がどんなもんか分かりませんでしたが、まぁ弱いって言ってたから弱いのでしょう。

で、この年輪の中心部分ばかりを寄せ集めて4寸(約12センチメートルくらい)の気にしたのが集成材です。

集成材はそういう年輪ばかりの木を寄せ集めて接着剤でくっつけた木のことです。

集成材は接着剤でくっつけてるので、剥がれたらどうすんの!?って思う人もいるそうですが、ほぼそれは無いそうです。

昔は弱かったそうですが、今では全く問題ないそうです。

で、石友ホームは標準でこの集成材を使うから頑丈ですよ、と言ってました。


次に、強度の検査方法について見せてもらいました。

強度の検査では、木がベルトコンベアーから流れてきて含水率と強度を調べてました。

含水率は20%以下(確か)が良いとされてるそうですが、これをすべてにおいて調べるそうです。

さらに強度は120キロだったかな、に耐えられるかどうか調べてました。

これもすべてにおいて問題ないか調べているそうです。

一般的な工場では数本を調べて問題ないかどうか見るらしいのですが、全てをチェックするのは珍しいとされてるとか。


で、お待ちかね、白アリいやーん注入材ね。

白アリいやーんは、どでかいボイラーに突っ込まれてました。

それが2個あるのです。

ここはまぁ予想通りでしたが、やはり大きいです。すごい。

えーっとそんなところだったかな。

他になにがあったかな。

忘れちった。

あと、工場長が色々と案内してくれたのですが、とても良い人でした。

とても優しそうで、でもしっかりした感じで非常に好感が持てました。

いや、良い人。

そんなこんなで、午前中は終了。


お昼は餃子屋さんに連れていってもらいました。

場所とか名前は忘れちゃいましたが、店長オススメのお店らしいです。

食べた感想は確かに美味しいの一言でした!

パリパリじゃなくシナシナした餃子で、一口サイズになってます。

食べてみると、普通の餃子かと思いきや、1.5秒後に甘みが口の中に広がり、非常に美味しい味でした。

白ごはんがあれば、大盛りいけそうです。


食事のあとは、富山の展示場巡りでした。

5つくらい見たかな。

どれも大きい家ばかりでしたが、色々と発見がありました。

まず防音について。

家の中でピアノを鳴らしても外に漏れることはほぼ無いという発見がありました。

これは高気密な工法と、エコ窓を使ってるから外に漏れないのだそうです。

そのかわり、家は非常に静かで、お化け屋敷に入ったような静けさを感じました。

あの、いきなりツーンとする静寂さ。

BGM流さないと静かすぎて怖いかも。


次に中二階の存在について。

中二階があると、中二階の下を有効利用できまっせー、とありました。

中二階は階段の踊り場を広くした感じなのですが、その場所を作ることで、その踊り場の下に収納スペースが出来るそうです。

その場所を何か色々使えそうだなー、とイメージが一気に膨らみました。


行ってよかったプレカット工場。

運転お疲れ様でした、アブちゃん。

ではでは、今日はここまで~。

次回は一転して人生設計という重いテーマになります。

自分の10年、20年先、見るもんじゃないですねぇ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/185-1e70446a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。