[感想] 「希望論 一瞬に目覚めて生きるために」 堀江貴文著 - 読書の花道。

[感想] 「希望論 一瞬に目覚めて生きるために」 堀江貴文著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ビジネスの本 » [感想] 「希望論 一瞬に目覚めて生きるために」 堀江貴文著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「希望論 一瞬に目覚めて生きるために」 堀江貴文著 はてなブックマークに追加

ちゃ、ちゃ、ちゃ、いや、勉強になったぜよ。
「希望」論「希望」論
(2009/11/26)
堀江 貴文

商品詳細を見る


ホリエモンが考える希望についてまとめられた本がこちらです。

タイトルからすると一見して何の本なのか分からないかも知れません。

ろぐすけも当初そうでした。

が、内容は様々なテーマを元に、およそ一般人は知らないだろうとうい事にまで触れた現状や問題点、ホリエモンの考えなどが書かれた内容となっています。

その内容は、電気自動車革命や、YouTube、宇宙開発に目覚めた理由とか、農業革命について。
さらにはホリエモン一押しのベーシックインカムについても言及されてました。

いやしかしかなり勉強になります、ホリエボン。

知らない人の本だったら、ここまで本気で読まなかったかも。

ホリエモンと言うイメージがあったから、全ての言葉が素直に聞けたのかも知れません。

ちなみにホリエモンのイメージは、言い方はキツイけど物事の本質をツイてる、そんな感じ。


ではでは、気になった箇所をピックアップする、ろぐすけメェモンのコーナーです。
今回は大量にありますよ。

電気自動車について。

電気自動車が普及すると困るのは、現状の大手メーカなのだそうです。

なぜかと言うと、電気自動車って内燃機関がいらないから。
(内燃機関て内部でガソリン燃やしてエネルギーに変換する部分だと思う。)

で、内燃機関がいらなくなると、電池とかそういうモジュール化した部品を寄せ集めればできちゃうわけ。

パソコンの自作みたいに。

で、そうなると大手メーカーがこれまで武器にしていた内燃機関で競争することが出来なくなるから大手メーカーからしたら電気自動車はナッシン!!なのだそうです。

ちなみに、今出ている電気自動車は、もうそういう事言ってられない企業が出した奴だとか。

これは勉強になります。

あと、電気自動車が導入されると他にも効果があるのだそうです。

それは何かと言いますと、原子力発電所が絡んできます。

原子力発電所って一度火をつけると止められないんだそうです。

だけど、夜とかあんまり電気使わないから持て余しているんだって。

だったら、この電気自動車の電気を夜に充電すれば効率良く使えそう。

もっと言うと、この原子力発電所をロシアのシベリアに持ってって、そこから超電導の電線って奴で持ってこればエネルギーロスはゼロで電気を持ってこれる。

すると火力発電所がいらなくなるので、非常にクリーンな国ななると書かれてました。



次にYouTube。

YouTubeに良く誰かがプロモーションムービーや音楽とかアップされるじゃない。

あれ著作権違反にならないの?

とよく思ってました。

でもあれって、著作権者に連絡行くんだって。

「削除する?」
or
「広告収入ほすい?」
と。

こういうビジネスモデルが成り立ってるから、動画とかも削除されずに残っているのがあるのだそうです。



考えない工夫。

悩みごとの対策としてホリエモンはこのように書かれていました。
「いいことが何もない事は考えないことにする」
でもやっぱり考えちゃう。
じゃぁどうするかと言うと、考えないような工夫をする事です。
具体的には忙しくすることです。
言い方を変えると「ぼーっとしない」ことです。
常に今のことを考え続ける。

これは「道は開ける」でカーネギー先生も言っていました。

合理的に考えられる人は、行き着く先はおなじになってくるのかな。



余暇時間の使い方はイギリスから。

ホリエモンが面白いことを言っていました。
スポーツとかギャンブルの発祥はほとんどイギリスです。
その理由はイギリスで起きた産業革命が起因してます。
産業革命により飛躍的に人の余暇時間が増えました。
その結果、余暇時間をどう過ごそうかといろんな人が考えた結果がスポーツでありギャンブルであったのだそうです。これには納得。



教育バウチャーの導入

教育バウチャーっていう言葉、初めて知りました。
教育バウチャーとは、私立学校に通うためのクーポン券みたいなもので、私立へ通う学生への助成金みたいなもの。
これを導入すれば私立の学校へ通う生徒が増える。
そうすると競争が生まれてより良い教育制度が整うとか。
実際、公立の小学校とか行かない方が良いよ、とのこと。
理由は、画一的な教育しかしないから。
教師のレベルが非常に低いのだそうです。
これは、、、要チェックです。
早く教育バウチャーが導入されれば良いですよなぁ。



ベーシックインカム

ベーシックインカムとは、全国民に一定のお小遣いを上げる制度のことです。
これをすべきとホリエモン先生は言ってました。
その理由は、ベーシックインカムがあれば、みんな職を失った事のリスクを考えなくてすみます。
すると、みんなやりたい仕事の方向へ向かいます。
そうすると、国民の幸福度が上がり、豊かな国になる、という事らしいです。
# あってるかなこの考え。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/186-d4f4f8a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。