[感想] 「もし高校野球の女子マネージャがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海著 - 読書の花道。

[感想] 「もし高校野球の女子マネージャがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ビジネスの本 » [感想] 「もし高校野球の女子マネージャがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「もし高校野球の女子マネージャがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海著 はてなブックマークに追加

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


なんだ、ただの神本か。

これが感想です。

この本、自己啓発としての本、感動小説としての本、高校野球としての本、これらの要素がかっ詰まった、とんでもない本となってます!

最後は泣けます。
ビジネス書と思ったら大間違い、最後は涙で文字が見えません!
間違いなく人生ベスト3の良書に入りますぜ!

この本との出会いはそう、いつもの通り新刊ラジオでした。
新刊JPのアレ

タイトルを聞いた時は、

「はいはい、女子高生萌えね、オーケーオーケ、暇な時ね」

と思いました。

ですが、内容を聞くとどうも違うらしい。

何でも、女子高生が高校野球のマネージャを勉強しようと思って間違ってこちらの本を買ってしまったのですって。
マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー上田 惇生

商品詳細を見る


「これ、マネージャー違いじゃん!」と思ったけど高かったのでしょうがないから読み進めると、どうも高校野球のマネージャとしても使えそう。じゃぁこの本の通りに進めよう!
とう内容になっています。

主人公はみなみタン。

「あれどこかで聞いたことあるぞ?」

と思うかも知れないけど、そう思うのは数ページまで。

読み進めていくと、みなみタンと言えばこの子。
minami.jpg

この子と言えばみなみタン、と思えるようになってきます。

このみなみタンは、非常にエネルギッシュで考えるよりも先に行動です。
また気持ちの切り替えも早くせっかちな一面も持っています。

そんな みなみタンがマネジメントを読みました。

◆マネージャの資質について。
ネタバレしないように気をつけながら読み進めていくとですね、このみなみタン、いきなりどでかいテーマにぶつかります。

それはマネージャに取って大事な資質についてです。

マネージャに一番大切な資質。これは後天的には学ぶことが出来ない、始めから身につけていなければならない資質。才能ではない、それは・・・



答えは本で見てね。

この資質について衝撃を受けたみなみタン。

◆顧客の定義について。
次にぶつかった壁は「顧客の定義」について。

マネジメントにはこのように書かれています。

企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。顧客に酔って事業は定義される。事業は、社名や定款や設立趣意書によってではなく、顧客が財やサービスを購入することにより満足させようとする欲求によって定義される。顧客を満足させることこそ企業の使命であり目的である。したがって、「われわれの事業は何か」との問いは、企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、初めて応えることができる。



この答えについてまったく正解が分からないみなみタン。

しかし野球部のある部員からの一言で、「野球部にとっての顧客」が見えました。

その顧客とは一体・・・?

答えはやっぱり本を見てね。

◆人のマネジメント。
それから結構進んでぶち当たったのは人のマネジメントについて。

野球部には様々な人間がいます。

部員とうまくコミニケーション取れない監督。

練習しないエース。

話下手な一つ下の女子マネージャ。

取っつきにくいキャプテン。

過去のいざこざから関係が悪くなったキャッチャー兼幼馴染。

努力家で人一倍練習するが一番下手な部員。

などなど。

そん中、『マネジメント』の以下の記事でみなみタンは覚醒しました。

人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである。人は弱い。悲しいほどに弱い。問題を起こす。手続きや雑事を必要とする。人とは、費用であり、驚異である。

しかし人は、これらのことのゆえに雇われるのではない。人が雇われるのは、強みのゆえであり能力のゆえである。組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、人の弱みを中和することにある。

「人は最大の・・・」



しつこいけど、正解は本を見てね。


◆エラーの恐怖を取り除く。
この本を読んで一番印象的だったのは、「エラーを恐れないこと!」という問題に対するみなみタンのアプローチです。

「エラーを恐れないこと!」と言われても怖いもんは怖いっすよ、エラーなんて。

チームに迷惑かけるしさぁ。

ですがそこはみなみタン。

それを責任の転換を持って克服させるとうい方法を取りました!

それはなんでしょう。

ビジネス書だったらここで正解言うのですけど、これ小説ですからネタバレになるので、言えないっす。

ごめんなさい。


ここからは、特にみなみタンと関係ないけど、『マネジメント』の中から気になった内容を抜粋しておきます。

仕事を生産的なものにする方法。

①分析である。仕事に必要な作業と手順と道具を知らなければならない。
②総合である。作業を集めプロセスとして編成しなければならない。
③管理である。仕事のプロセスのなかに、方向付け、質と量、基準と例外についての管理手段を組み込まなければならなない。
④道具である。



アイデアについて良し悪しを判断しない。

成果とは何かを理解しなければならない。成果とは長期のものである。すなわち、間違いや失敗をしない者を信用してはならないと言うことである。それは、見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。成果とは打率である。弱みがないことを評価してはならない。そのようなことでは、意欲を失わせ、士気を損なう。人は、優れているほど多くのまちがいをおかす。優れているほど新しいことを試みる。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

No title

参考になりました。

2011-08-01 10:23 │ from ミミURL

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/188-073615c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。