[感想] 「年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法」その1 黒野修資著 - 読書の花道。

[感想] 「年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法」その1 黒野修資著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » お金の本 » [感想] 「年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法」その1 黒野修資著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法」その1 黒野修資著 はてなブックマークに追加

結婚とマイホームの計画のために、人生資金計画を考える必要が出てきました。

人生資金計画とは、これから老後まで不自由なく生きていくにはどれだけのお金が必要か?

ということです。

そこでろぐすけ君は考えました。

えぇ、そりゃもう、必死に考えましたさー。

すると60歳の時点で残ったお金は-167万円でした。

あれ?

おかしいな。

マイナスって事は破綻するって事だよね。

そ、そげな、ばかなー!!!

どげんしよるんよ、これー!


という時に出合った本がこちらです。

年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法年収100万円減でも一生豊かに暮らす方法
(2010/04/17)
黒野 修資

商品詳細を見る


この本、はっきりいって、すさまじい本です。

どれもこれも勉強になります、久しぶりにお金を払って良かった本に出会いました。

この本を読み、いくつか実践するだけで1000冊分以上の効果があります。

では、感想をば。

まず、こちらの本の中では、老後に必要なお金は5000万円とあります。

もちろん年金抜きで。

その内訳とか理由については割愛しますが、確かに必要だと実感しました。

ただ、寿命は100歳くらいまで伸びた場合、とあったので、そこまで長生きしない自信がある人はもう少し少なくても良いのかな。

といっても、医療の発展はすごいらしくて、今から50年前と現在の医療を比べると、そりゃもう目もくらむような技術発展が起こっているそうな。

なので、老衰以外では死ななくなるかもしれません。

そうすると20年ほど寿命が延びる可能性も十分考えられます。

で、ろぐすけについて。

ろぐすけさんは、このまま生きてくと破綻人生が待ち受けています。

なので、もはやスーパーでプリンを買っている場合じゃありません。

時計とか洋服にお金を掛けるなんて、お話になりませぬ。

とういことで、これから大改革を行いたいと思います。

その方法や削減内容などについては、また今度の機会に任せるとして、今日は本の紹介です。

この本の中でものすごく印象に残ったのは、こんな人たちです。

◆物件購入vs賃貸住宅。お金だけ見たらどっちがお得か!?
◆そこまでするか!?徹底的な支出削減!!
◆知りたくなかったよ、車の維持費とか維持費とか
◆年金って結構カッコいいよね。
◆奥様は神様です。
◆これからインフレとなるかデフレとなるか。

では、1つずつ紹介。

◆物件購入vs賃貸住宅。お金だけ見たらどっちがお得か!?
これはもう、人生最大のテーマです。
地方によっても意見は違うでしょう。

で、著者はこの二大巨頭について、生涯に掛かる金額についてこのように算出しました。

2700万円の物件購入=8060万円!!
月10万円の賃貸住宅 =6600万円!!

おーっと!こりゃ、賃貸住宅のほうが安いぜ!!

と思うかもしれませんが、物件購入するとその物件は僕達・私たちのものになります。

とういことで、この物件の資産額を引くとこうなります。

2700万円の物件購入=5360万円!!
月10万円の賃貸住宅 =6600万円!!

うむ。

やっぱ物件購入の方がお得ですね!

と、お金の比較はこんな感じでしたよ、と。


◆そこまでするか!?徹底的な支出削減!!
著者は、こちらの本に書かれている方法で、年間240万円以上の削減に成功したとのこと。

月にすると20万円もの削減です。

こんな事があるのでしょうか。

いははや、無いです。

ですがあるのです。

その方法は徹底的な支出の削減でした。

その削減対象になったのはこちらで、全てにおいて、もう乾いた雑巾を絞るかのごとく削減を行っています。

・コンビニに行かないぉ。
・自販機で買わないぉ。
・散髪に行かないぉ。
・子供の習い事削減するぉ。
・タバコ吸わないぉ。
・ゴルフ行かないぉ。
・飲み会行かないぉ。
・携帯電話とかの通信費削減するぉ。
・新聞読まないぉ。
・耐久消費財買い換えないぉ。
・旅行に行かないぉ。
・ギャンブルしないぉ。



特筆すべきはその削減による効果の考え方です。

例えば、月に1000円削減できる候補があったとします。

たった1000円、年間12000円。

大した事あらへんがな、と思いますが、これを60年続けたら?と考えて見ます。

すると72万円も生涯支出から削減が可能になるのです。

これが月2000円なら倍の144万。

月1万なら720万円。

どうです?レクサス買えそうな勢いじゃないですか?

◆知りたくなかったよ、車の維持費とか維持費とか。
「こんな削減ならオラも思いつくどー」

と、思われるかもしれませんが、ここからが著者の凄い所ですたい。

なんと禁断の聖域にまで削減の手を伸ばしてしまいます。

それは車さんについて。

これ、60年間削減したとするとおいくらマンソンの削減になると思います?

1000マンソンほど?

ナッシン!!

じゃぁ思い切って3000マンソンかな?

Go!Home!!

正解は5500マンソンです。

こんの5500マンソンてあーた、一軒家買えるやないの!

ありえへん、ガクブル、ありえへんで・・・ガクブル。

ちなみに、維持費はだけで3600マンソンですって・・・。

どういう事ですか・・・。


ちなみに、ろぐすけ家には奥さんと二人で車2台生活です。

なので、単純に2倍・・・?

億行くの・・・?

そ、そんな馬鹿な。

ということで、ろぐすけが60歳まで夫婦で車を維持した場合の金額を計算してみました。

すると、なんと、約2770万円也!!


あかん、あかんで、、、これ。

60歳までこのままのペースで生きると、マイナス400マンエン。

がくぅ。

第2回に続きますぅ・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

No title

面白そうですね。ろぐすけさんの記事を読めば本を買わなくてもすむかな?

2010-06-09 08:47 │ from エンマURL Edit

Re: No title

コメントありがとうございます、エンマ様。

僕が紹介している内容は、全体の数%ですので実際の本を読んだ方が数百倍はためになりますよ!

2010-06-09 21:52 │ from ろぐすけURL

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/193-1d387d77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。