[感想]「死神の精度」伊坂幸太郎著 - 読書の花道。

[感想]「死神の精度」伊坂幸太郎著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [感想]「死神の精度」伊坂幸太郎著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]「死神の精度」伊坂幸太郎著 はてなブックマークに追加

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


読もうと思ったきっかけ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ゴールデンスランバーがあまりにも面白かったので、著者の他の作品に注目。
その中でも好評だったので選びました。

本の紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄

主人公は死神の千葉ちゃん。

この千葉ちゃんのお仕事は、人間を一週間見定めして、死なしても良い『可』か、死なさない『見送り』かを決めること。

ただし、死神社会の慣例として『可』がデファクトスタンダード(事実上の標準)。

だって人間の死に全く興味がないから。

そんな千葉ちゃんの役職は調査員。

千葉ちゃんを含む死神の調査員は、人間界では人間の姿をしています。

対象者に合わせて、カッコいい青年になったり、ひ弱な少年になったりと。

そんな人間ぽい雰囲気で対象者に近づき、仕事をするフリをします。

早く一週間過ぎますようにと。

死神なので対象者に全く情を移入すること無く、たんたんと仕事をこなします。

そんな千葉ちゃんの唯一の楽しみは、人間の音楽を聞くこと。

千葉ちゃんを含む、死神の調査員は人間の音楽を非常に好んでおり、これがあるから調査員をやってられると言っています。

また、人間が作りだした一番の罪は「渋滞」とも言ってます。

とにかく、この不合理を理解出来ないとのこと。

本書では、そんな千葉ちゃんが色んな人と出会い「可」か「見送り」かを出すまでの模様を描かれた作品となっております。

対象者は全部で6人。

自信が持てないクレーム係の女性、任侠一筋のヤーさん、密室型殺人事件に巻き込まれるおばちゃん、片想いのブティックの店員、殺人者、死神に気づいた老女など。

なお、死神が選ぶ対象者は事故などの突然死に限られています。

病死とか自殺などは、個人の理由で死ぬ人は対象外となっているわけです。

ですから、死なすも生かすも彼ら死神の気分次第となっております。

感想
 ̄ ̄

面白い!けど、ゴールデンスランバーにはちょと届かない!といったところでしょうか。

ただ、千葉ちゃんと対象者の駆け引きはとても面白いです。

千葉ちゃんは人間に興味ありませんと。

またルールもあんまり分かっていません。

でも、姿形は人間です。

その容姿で対象者と話すと、常識に対して新鮮な返し方をします。

例えばこんなシーン。

「最近、雨が多いですね」

「俺が、仕事をするといつも降るんだ」

「雨男なんですね」

「雪男というのもそれか」

「え?」

「何かするたびに、天気が雪になる男のことか?」



雪男というワードは知っているけど、意味をしらない千葉ちゃん。

それを雨男と同類に扱うという離れ業をやってのけます。

こういったシーンが随所に散らばっているんですね。

こういうシーン、なんだかほのぼのしていて好きです。

死を扱う本なので、重くなりがちなところを、このほのぼの感でうまく中和してくれてました。

この著者、スっきゃねん。

各ストーリーの感想
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

死神の精度
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

本のタイトルにもなっているストーリー。

本作中1位、2位を争うほどの秀逸作品。

ターゲットは藤木一恵という女性。

大手電機メーカーに勤めている。

部署はクレーム係。

いつも客からのクレームに頭を悩ませている。

そんな一恵ちゃんが最も頭を悩ませているのが、あるクレーマーの存在。

もう、内容を読むと、もうクレーマーの域を超えています。

何度も謝らせたり、テレビの故障原因を言ってみろ!さぁ!もっと、大きな声ではっきりと!
とか。

そんな一恵ちゃんとクレーマーのやり取りを聞いて、

「あぁ、『可』にすっかなー、『見送り』にすっかなー」

と、どうでも良い雰囲気を漂わせる千葉ちゃん。

しかし、ここには色んな伏線があるのです。

この作品のオチに驚愕してください!

死神と藤田
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今回のターゲットは藤田というヤーさんの話。

藤田さんは、The 任侠というほど筋が通っており、ヤーさんの鏡のような人でした。

ですが、「弱きを助け強きをくじく」という任侠は、組長とかから見ると扱いづらいです。

ですから、藤田さんは煙たがれています。

そんな中、藤田さんの兄貴分が栗木という敵対する組織に殺されてしまいます。

しかしその栗木の居場所は誰も知らないですと。

そんな中、栗木の居場所を知っているという設定の千葉ちゃんが登場し、藤田さんと繋がっていくことになります。

ラストのその後、どうなったのか非常に知りたくなる作品No.1です!

吹雪と死神
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今回のターゲットは田村 総江というおばちゃん。

でも、本作ではあんまり死神とか関係なく、ミステリーが中心です。

というのも、状況が状況なのね。

吹雪の山の中、ポツリとたたずむ一軒の洋館。

集められたのは、色んな人たち。

それぞれ面識はありません。

なんだかキナ臭いです。

そう言ってる間に、一人死にます。

ワープロには殺人予告のメッセージが。

怪しい。

そんな、どこにでも出てきそうな密室型殺人事件現場に参加することになった千葉ちゃん。

田村 総江というおばちゃんについて、『可』か『見送り』かを決めたいだけなのに、なんとひょんな事から探偵役をやることになってしまいます。


本書の中で、一番印象が薄い作品でした。ろぐすけ的に。

登場人物多すぎることが問題なのかな.

恋愛で死神
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ターゲットはイケメン荻原君。

冒頭から死ぬ寸前な状態で始まります。

もう死決定なのでしょうか。

そこから遡ること8日前、という流れでストーリが進みます。

荻原君はかなりイケメン。

仕事は女性向けの洋服店で店員。

オシャレでイケメンで、モテモテっぽいのですが、なぜか仕事中、顔が分からないようなメガネをかけてます。

理由は内緒。

そんな荻原君が片思いをしました。

お相手は同じマンションに済む女性。

いつもバスの乗車で顔を合わせる瞬間が至福なとき。

ですが、ある日いきなり彼女から100%拒否されるようになります。

その理由は。

そして、萩原君が死にそうになった理由とは。


本作中、切なさNo.1の作品です。

ラストの後の彼女の気持ちを思うと。。。

旅路を死神
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ターゲットは森岡 耕介という少年。

この少年、腹が立ったということで母親を刺し、街に出てもやっぱり腹が立ったという理由でまったく関係のない人を刺殺しました。

指名手配の殺人犯です。

その殺人犯が逃げ延びるために、千葉ちゃんの車をハイジャックしました。

包丁を突きつけて、運転しろと。

はい、します、と千葉ちゃん。

まぁ、千葉ちゃんは森岡との接触を狙って、偶然を装いその場を通りかかったので、思ったとおりです。

そこから、千葉ちゃんと森岡の長旅が始まります。

最初は、ただ逃げるだけかと思ったら、その後森岡の過去のトラウマなどが暴かれます。

母親を刺した理由なども。

本作は賛否両論分かれるかな。

というのも、主人公が殺人犯なので、殺人犯寄りに感情移入できないのですよね。


死神 対 老女
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ターゲットは70歳のおばあちゃんです。

仕事は散髪屋さん。25年くらいやってます。

千葉ちゃんはというと、ターゲットとなるおばあちゃんに接触しようとおばあちゃんにに散髪してもらいました。

その後に一言。

「あんた人間じゃないね」

なんとこのおばあちゃん、千葉ちゃんが人間じゃない何か不思議な存在という事に気付いているのです。

その気づいた理由というのが、ちょっと悲しい。

けど、非常に聡明な人で、鋭い観察力・洞察力・記憶力により千葉ちゃんの存在を言い当てちゃいます。

死に近い存在の雰囲気をかもしだしている、と。

ザワザワ、ザワザワ。
↑特に理由はない。

そんな聡明なおばあちゃんですが、いきなり千葉ちゃんに「一生のお願い」をします。

そのお願いはかなり無茶なもの。

千葉ちゃんも聞く理由も必要もないのですが、なぜか聞いてしまいます。

そのおばあちゃんの無茶なお願いとは。

そして、そのお願いの理由とは。

本作No.1の感動ストーリです。

締めくくりに相応しい。


次はどの伊坂さんの作品読もうかなー、楽しみ!!

それでは、また。
【追記】
それにしても、この作品のタイトルには何かこだわりがあるようですね。

死神の精度
死神と藤田
吹雪に死神
恋愛で死神
旅路を死神
死神対老女
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/226-9426f282

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。