2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【雇用編】 - 読書の花道。

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【雇用編】 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » せいじ・けいざい » 2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【雇用編】

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【雇用編】 はてなブックマークに追加

行財政と税制】、【経済政策
と来ましたが、今回は【雇用】についてです。

今回で3つめのマニフェストチェックなのですが、だんだん面白くなってきました。
なんというか、評価することで日本という国に参加しているような、そんな気がしてくるのです。


それでは、今回もろぐすけの偏向思考からどうぞ!


ろぐすけの偏向思考。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ろぐすけが雇用に関して期待すること。
●失業率をもうちょっと下げよっか。

でも、日本って先進国で見ると低いすね。
4%くらいまで下げれたらどうでしょう。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html

●派遣はそのままで。

派遣禁止になると正社員が微増するだけで派遣社員が無職になる。その結果は…。うーむ。


●失業手当の延長とかダメ。

アルバイトしたほうが10倍も有意義かと。
アルバイトしながら失業手当もらえるような仕組みの方が良くないですかね。




民主党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ。

失業手当が終わっても、その後も手当てを出す「求職者支援制度」を法制化します。
非正規労働者や長期失業者へのマンツーマンの就職支援。
新卒者採用企業への奨励金支給を強化。



評価・考察

「求職者支援制度」は△。
バイトしながら職を探す方がよっぽど良いと思います。
マンツーマンはニート、ひきこもり対策ですね。これは×。
軽いきかっけやちょこっと背中を押すだけじゃだめっすから。本気で仕事を探している人ですら職が無いのに、働いたことがない人や働く気が無い人の受け入れ先は無さそう。
新卒者採用企業を支援するのも△。

失業者、新卒、ニートの3つに対して対策を出しているけど、付け焼刃的な気がします。
誰でも思いつくような気がするのでそれだけじゃ、根本解決は無理。この程度じゃまだまだだね。(って少し偉そう)




自民党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ。

職能別検定制度とジョブカードの活用で就業につながるマッチングシステムを確立。
正社員を非正規社員ぐらいに解雇しやすくするよ。
新卒者をトライアル雇用する企業への補助制度を創設。
今後10年間で雇用者所得の5割増。



評価・考察

マッチングシステムはうまくいかないっすよ。実は同じようなシステムを実行した会社を知っているのですが、びっっっっくりするくらいうまくいかないから。ただ、あれは受け入れ先が極細だったのでハローワーククラスだと良いかも。
てか良さそうな気がしてきた。全国レベルで簡単にマッチングできれば、これは画期的かも。◎
解雇規制の緩和で正社員を解雇しやすくするのは、個人的に○。この規制により非正規社員が増えたとか。その根本を解決しようと言う事ですね、分かります。
トライアル雇用が流行らないのは、お金の負担だけじゃない気がします。もっと別のところに理由がありそう。てことで×。
なんですと??所得5割増しですって?10年は長いけど5割増しは魅力。文句なしに◎。





公明党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

日雇い派遣労働を原則禁止。
非正規を正規雇用した企業への奨励金拡充。
最低賃金を引き上げ。
新卒者への就活手当を創設。
高齢者を雇用する事業所への税制優遇を検討。



評価・考察

日雇い派遣はニーズがあるなら禁止しなくても良さそう。△
派遣を正社員にするために奨励金を拡張するのは、△。
基本、今ある制度をもう少しお金上げたら良くない?という考えは好きくありませぬ。
最低賃金ぎりぎりのアルバイトなんてあるのかな?あんまり意味なさそう。△
新卒者への就活手当てはいらん。そうじゃないと思う。×。
あってもいいけどこれまでなかったんだし、これからもいらないと思うのですけど、どうかな。
高齢者の雇用を応援するのはOK。高齢者60歳とか65歳はまだ元気。
賃金を抑えれればその経験と技術はまだ生かしたいと中小企業は思っていると思うのはろぐすけだけかな。
がんがれ。



共産党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ。

期限のある雇用は合理的理由がある場合に限定。
最低賃金を引き上げ。
サービス残業の根絶。
失業保険の給付期間を90-330日から180-540日程度に延長。



評価・考察

期間社員の期限に規則を設けるのはどうかな。△
最低賃金の引き上げは、公明党と同じ理由で△。
サービス残業はグレーゾーン。そこを正すとどんな歪みが出るかな。△。
失業保険の給付期間延長はそういう声が実際にあるのかな。△。
それだけ失業者の期間が長いということかな。



国民新党。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ。

若者就職基金を創設。
職業訓練の充実。
正規雇用転換奨励金の大幅拡充。
日本郵政グループの非正規社員のうち6万5000人を正規に転換。



評価・考察

若者就職基金って何かな。若者の就職を支援するって事かな。もうこれしかないかな。△
職業訓練の充実は、不要。選択肢を増やしてもダメです。アルバイトですよアルバイト。
アルバイトしましょうよぅ。そこから何か縁が広がるかも知れないし。職業訓練所はイメージ、
負のオーラがありそう。
正規雇用の拡充は△。
郵政グループだけずるいじゃん。とういか、郵政グループって民営化されたのにそんな事できるんだ。大株主だからすかね。それにしても6万5000人ってすごいな。この票は固いですね。ね。



新党改革の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

失業した場合は他業種に移るのに必要な技術、職能を国の責任で再教育する積極労働政策。
働く意志のあるすべての人が多様な働き方を選択できる社会の構築。



評価・考察

国が再教育。よく分からなかったのでマニフェストのPDFを見てみました。
どうも、日本の雇用が会社任せになっているから、本当に人を必要としている会社に人が入らないんだ、とありました。つまり、雇用沙を探しているのなら国に任せろと。要は自民党のマッチングシステムを目指しているという事でしょう、きっと。んが、自民党よりイメージやキャッチフレーズが定まっていないので、多分弱い。ということで△です。
働き方を選択できるような社会は魅力的。でも、やっぱり選択権は企業にあるでしょう。それが自然な流れかな。△。



社民党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

登録型派遣と製造業派遣を原則禁止。
有期契約労働に歯止めを掛ける。
解雇制限ルールの徹底。
同一価値労働=同一賃金原則の確立。



評価・考察

①②③日払い、期限あり派遣などの非正規社員を禁止して、解雇規制を緩和する。これ○はです。この政策が良いかどうかは別として、施策により新たに出る問題に付いても対策が打ち出されているのは良いかと思いました。
同一労働同一賃金とは、同一職種であればみんな同じ給料水準ですよ、という賃金政策の事らしい。これは、多分、ダメ。×。頑張らない人が増えそう。頑張る人が頑張らなくなりそう。だからこれはダメ。



がんばれ日本。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

公務員の人件費を流用して雇用能力開発予算を拡大。
10兆円規模の雇用移動円滑化基金で職種転換や地方への転職、正規雇用に助成。


評価・考察

公務員の人件費削って職業訓練を強化するのはイマイチ。△。
雇用移動円滑化基金ってなんだろ?良くわかんないすけど、転職や派遣→正社員への助成金に使っても付け焼刃なので△。




みんなの党。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

すべての労働者に雇用保険を適用。
同一労働同一待遇を確保。
長期失業者などに職業訓練をしながら生活支援手当の支給。
派遣禁止法案には反対。



評価・考察

アルバイトとかにも雇用保険をかけるということかな?必要という声を聞いたことも無いので△。
これは社民党のところでも言ったけどダメ。×
アルバイトしてください。ということで△。
これは賛成。唯一反対している党なので期待。○



点数発表!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5点:自民党!
3点:社民党!
3点:みんなの党!

2点:民主党
2点:公明党
2点:共産党
2点:国民新党
2点:新党改革
2点:がんばれ日本

総括
 ̄ ̄

どの党も似たり寄ったりの政策。
心に響く政策はありませんでした。
そんななかで、自民党だけなぜか「所得5割増」という事を宣言していたのが気になります。
これが本当ならちょっと掛けてみたいなぁ。
あとマッチングシステムもネーミングセンスが良いので○でした。

あと、みんなの党が派遣禁止法案に反対しているのが良かったです。
派遣社員が増えたのは、何かの結果であってその根本原因を探って対策しないといけないような気がしました。

では、次回、一番の出費である【医療・年金】を見てみようと思います。
ここから結構難しい話になりそうなので、自分でも色々と調べて見ながらチェックしたいと思いました。


それでは!また。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/227-da7933ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。