2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【政治改革・憲法】編 - 読書の花道。

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【政治改革・憲法】編 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » せいじ・けいざい » 2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【政治改革・憲法】編

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【政治改革・憲法】編 はてなブックマークに追加

さぁ、いよいよ最後のマニフェストの評価です。

長かった・・・。

今回のは判断が一番難しい【政治改革・憲法】についてです。
よく分からない部分はスルーで、分かるところだけ考えてみようと思います。

これまでのマニフェストは以下をどうぞ。
2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【行財政と税制編】

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【経済政策編】

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【雇用編】

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【医療・年金】編

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【子育て・教育】編

2010年参議院選挙のマニフェストを検討してみる。【外交・防衛】編



ろぐすけ偏向思考
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●外国人参政権は反対派。理由はシンプルでこの法案自体が票のためだからだと思ったからです。
であるなら、変化無しの方向で。参考にしたのはこちら↓。
外国人参政権のメリット/デメリット(本音編)
●議員定数を減らすのも賛成す。1人削減したら1億円の税金が浮くそうです。
●お金の使い道を監視できるシステムはOK。

民主党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

政治団体の収支報告書の連結、外部監査、インターネット公表を義務付け。
企業団体の献金とパーティー券購入を禁止。
参議院の定数を40程度削減。衆議院の比例定数を80削減。



評価・考察

裏金とかムダ金しないように監視しましょう、ということですね。◎
癒着したらダメですね。○
人数減らせば人件費も減るのでOK。○
外国人参政権に言及してないけど、現状維持(賛成)ということだと思うので、×




自民党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

衆議院と参議院の議員定数3年後650人、6年後 500人に削減。
政治資金の透明性を一層確保。
個人献金がしやすいよう税制優遇。
憲法審査会を始動させ、改正原案を国会提出。



評価・考察

今722人。3年後72人減らして、6年後そこから150人減らす。合計222人。こりゃ民主党より多いので○。
お願いします。○
うーむ、するかな。△
憲法をチェックするってことかな。つまり、政権交代により旧政権の憲法を廃止できますよ、という事かな。○



公明党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

衆議院に新しい中選挙区制。
衆参両院の定数削減。
18歳選挙権、永住外国人への地方選挙権を実現。
企業団体献金を全面禁止。
現行憲法に新たな条項を加える「加憲」の立場。



評価・考察

はい、意味不明。良いも悪いも分からないので△。
○。
×。

「加憲」とはどうも、戦争放棄の9条以外について憲法改正OK!という事らしいです。
だからどうした、ということで△です。



共産党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

国会議員定数の削減に反対。
企業団体献金の全面禁止。
政治家の資金の流れをインターネット公開。
政党助成金を全面廃止。
少数政党差別の規定を改める。改憲反対。



評価・考察

反対しなくても良い。適正人数にすれば良いと思うので、×。
良いかも。これで企業贔屓とか天下りとか無くなるのかな。○
監視するのは良いこと。○
さすが、助成金をもらってないとこは違うぜ。でも、良いも悪いも分からないから△。
議席数が少ない党は党首討論できない、という現状の規定を変更仕様ってことですね。これは賛成かも。色んな人の意見を聞いてみたい。○



国民新党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

憲法論議の再開を促進し、自主憲法制定を目指す。
外国人参政権の付与に反対。



評価・考察

自主憲法制定とは日本国憲法を全面的に見直そう、ということらしいです。色々改善点があるらしいので、そういうのは今の時代に合ったものにした方が良いに決まっているので、◎です。
はい、◎です。



新党改革の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

国会議員定数を半減。
企業団体献金を禁止。
個人献金に移行するまで政党助成金で対応するが、国民の適正な負担水準を検討。
税金の使われ方を国民がチェックできる国民監査請求制度の創設。



評価・考察

いきなり半減はまずかろう、とういことで、△。
これは○
個人献金とか誰がやるのかな。投資にしては見返り少なそう。そういうもんじゃないのかな。よく分からないので、△。
監視システムは○。




社民党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

企業団体献金をただちに禁止。
比例代表中心の選挙制度。
政治家の資金管理団体、政治団体、後援会の連結決算の実現。
インターネット選挙運動の原則解禁。
憲法審査会を動かさない。



評価・考察

これは○。
これはよう分からんけど、比例代表中心てことは、人気者の党が多くの議席を持てるという事を強化するってことかい?そうすると、有名人ばっかりになるやん、てことで×。
監視するってのはOKよ。◎
これは賛成。○
分かりませんでした。△。



たちあがれ日本の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

衆議院は定数400の新しい中選挙区制。
参議院は定数を 200に削減。
労組が窓口となる政治献金、組合費の政治資金利用を禁止。
自主憲法制定、集団的自衛権の解釈を適正化。
外国人参政権付与に反対。



評価・考察

480人→400人。80人減ってことで、○
242人→200人。42人減ってことで、○
組合費を政治資金に使われたら労働者は困ります。◎
これも◎。集団的自衛権は日本海域だけの話なら反対だけど、海外の海で他の国の船が襲われている時に指加えてるだけとかアホすぎるから、◎。




みんなの党の場合。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マニフェストのまとめ

衆議院 180人、参議院142人の定数削減。
将来的には憲法改正時に一院制を実現。
議員年金を廃止。
政治家個人への企業団体献金を即時全面禁止。
インターネットを活用したワンクリック献金を推進。



評価・考察

衆議院を180人、参議院を142人減らすってか。合計322人。減らし過ぎでは?混乱するよ?△
一院制てことは独裁政治OKってことかい?日本のようにメディアが力を持つ国はまだ早いんでないかい?×
OK!厚生年金と基礎年金だけでOKだわい。○
これも○
どっちでもOK。△。



点数発表!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5点:たちあがれ日本
4点:国民新党
3点:民主党
3点:自民党
3点:共産党
3点:新党改革
3点:社民党
3点:みんなの党

2点:公明党


総括
 ̄ ̄

意外だったのは、自民党が外国人参政権を持ち出さなかったことです。
ニュートラルになったのかな。
それとも一貫して大反対!なので今更言うまでもないってことかな。

まぁいいや。

ろぐすけの考えにばっちり一致したのが、たちあがれ日本です。
いまだにこの党の党首が誰なのかも知らないままですが、マニフェストだけだとこんな感じになりました。

あれ、そう言えば二世議員の立候補禁止とか言っていたのどうなったんだろう。
議員さんからしたら、面白くない法案なので、こっそり口裏合わせて言わないようにしたのかな。

んなアホな。


そんなことより!

今回がマニフェストの最後のカテゴリとなります。
これで全ての点数が出揃いましたよ!

さてさて!

次回はいよいよ、集計結果です!
この結果で一番点数の高い党に投票しようと思います!

それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/232-2a575cb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。