2010年 参議院選挙 結果の感想 - 読書の花道。

2010年 参議院選挙 結果の感想 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » せいじ・けいざい » 2010年 参議院選挙 結果の感想

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 参議院選挙 結果の感想 はてなブックマークに追加

ごめんなさい、また政治のお話です。

いや、参議院選の結果は面白いことになりましたね!
タイトルを付けるとしたら、「ねじれ 再降臨」って感じかな!?

それにしても!!

マニフェストをチェックして良かったです!
ろぐすけのマニフェストチェックはこちら。

やっぱ、えいやー!で入れた選挙よりも、自分で考え選んで投票した選挙の方が面白いですね!
とくに、自分が投票した党や議員さんが当選するとその喜びも倍増ってやつです!

いや~、これだから選挙って面白いですね~(水野晴郎風)

ではでは、今回の参議院選挙の結果をろぐすけ的総括をやってみたいと思います。

まずは結果から。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2010年参議院選挙の結果

野党より与党の人たちの票が多いです!
静観の人:非改選の人たちのことで、選挙しなくても良い人たちの事です。

ここで、参議院選挙についてちょっと解説。(今さらですけど)

<参議院選挙とは?>
参議院選挙では、全部の数 (242人)の内、半分(121人)を入れ替えるイス取りゲームとなってます。
そのため、半分の121人の参議院議員の人たちは今回の選挙を静観しているわけです。

<与党と野党について>
与党とは、一番人数が多い党の事です。
今なら民主党です。
ただ、民主党だけじゃ全員の人数の半分も満たないので、他の党と同盟を結びます。
連立を組むと、その党の人数と自分の人数を足すことで過半数以上になります。
これにより、多数決の時に有利になるというわけです。
これが連立ってやつです。
「政権に与(くみ)する」から与党なんですって。

対する野党ですが、これは簡単で与党じゃない党の人たちのことです。
この人たちの役割は与党の人たちの動きを監視して問題がないかチェックすることです。
本当は、この役割こそが参議院議員のお仕事なのですが、野党が与党を監視するというなんかもうわけがわからない事になっています。
「政府から離れた在野の政党」だから野党なんですって。

次に総括です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

選挙と政治に興味を持って一週間、ろぐすけさんが今回の選挙を総括しますよ。

まずは、自民党がやってくれました。
強い自民党が戻ってきたみたいです。
それにていも、今の谷垣総裁は、なんか誠実さと強さ、信念みたいなものを感じます。
いつか谷垣さんとツイッターで話してみたい!
(ツウの間ではガッキーって呼ばれているみたいです。)

ただ、比例代表区ではまだまだ民主党が多いので、期待感はそこまで薄れていないようです。


今回民主党がここまで議席数が取れなかったのは、消費税UPを公言したことだと思います。
党も認めていますね。
でも、消費税UPについては自民党も公言してます。
ではなぜ民主党だけ評価されなかったのかというと、2009年衆議院選挙のマニフェストで消費税は上げませんよ、と約束しているからです。

、、、と思ったけどマニフェスト見ても消費税については何も書かれていませんね。
2009年衆議院選挙マニフェスト<民主党>

唯一書かれているのは年金の財源を消費税に使いますよ、と書かれているくらい。

18.一元化で公平な年金制度へ
【政策目的】
消費税を財源とする「最低保障年金」を創設し、全ての人が7万円以上の年金を受け取れるようにする。「所得比例年金」を一定額以上受給できる人には、「最低保障年金」を減額する。



あれ?

おかしいな。

テレビとかで、そんな感じで伝えられたと思うのですけど、聞き間違いかな。

じゃぁ、民主党が消費税UPを掲げることのどこに問題があったのかというと、やっぱアレですかね、自民党が指摘してた『使い道』があいまいってことかな。

自民党は、増税分全てを社会保障に充てると言ってます。
しかし、民主党はどこに使うのか言ってません。

これが問題だったのかも。

じゃぁ、ちゃんと伝えれば良かったのだと思うのですけど、取った策は2013年の衆議院の任期が切れるまでは消費税上げません、ということです。

それにしても選挙って簡単に信頼が失われるのですね。
10ヶ月前まであんなにも民主党大合唱だったのに。

勉強になります。

で、次に目立ったのがみんなの党です。
0議席から一気に10議席も取りました。
これはとんでもない快挙なのだそうです。

ろぐすけチェックがぶれていなかったということで、非常に嬉しいです!
いーやっほぅ!!!!

ではなぜみんなの党に票が集まったのかな。
きっと、民主はイヤ、かといって自民に戻るのも勘弁!って人が辿りついた党だったのでしょう。
また、アジェンダと呼ばれる政治議題がはっきりしているのも評価されていました。
これからも注目したい党ではあります。


では、一週間に渡ってお送りしてきた2010年参議院選挙の記事の投稿はここまでにしておきたいと思います。

次回は2013年の衆議院選挙かな?でお会いしましょう。

さよなら、さよなら、さよなら。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/237-25ba6dbd

みんなの党

<お買い得情報> 圧倒的な最安価格!超お得なメモリーカードはこちらから 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000...

2010-07-13 08:42 │ from 知的力UP!抑えておきたい最新ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。