[感想]「経済ってそういうことだったのか会議」竹中平蔵著 - 読書の花道。

[感想]「経済ってそういうことだったのか会議」竹中平蔵著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » 政治・経済の本 » [感想]「経済ってそういうことだったのか会議」竹中平蔵著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]「経済ってそういうことだったのか会議」竹中平蔵著 はてなブックマークに追加

経済ってそういうことだったのか会議経済ってそういうことだったのか会議
(2000/04)
佐藤 雅彦竹中 平蔵

商品詳細を見る


本の紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄

元金融大臣の竹中平蔵氏と、元電通クリエーターの佐藤雅彦氏が経済について対談した
内容をそのまま書籍化した本です。

以下のテーマに沿って、佐藤さんが質問をしそれを竹中さんが答えるという対話形式で描かれていました。

その内容を通じて読者も経済を勉強しましょう、というのが本書の目的。多分。

第1章:お金の正体・・・貨幣と信用
第2章:経済のあやしい主役・・・株の話
第3章:払うのか 取られるのか・・・税金の話
第4章:何がアメリカをそうさせる・・・アメリカ経済
第5章:お金が国境をなくす・・・円・ドル・ユーロ
第6章:強いアジア、弱いアジア・・・アジア経済の裏表
第7章:いまを取るか、未来を取るか・・・投資と消費
第8章:お金儲けはクリエイティブな仕事・・・企業とビジネス
第9章:人間とは「労働力」なのか・・・労働と失業
終章 :競争か共存か




こちらの本を読もうと思ったきっかけ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ホリエモン先生のブログで紹介されていたことがきっかけです。
あのホリエモン先生がオススメするなら、きっとオモロイでしょう、と思いました。
うぅ、ホリエモン依存症・・・。
ホリエモンのブログはこちら。



感想
 ̄ ̄

佐藤さんは竹中さんと話していて気持ちが良かったのではないかと思います。

なぜなら、佐藤さんが質問すると、「良い線いってますねー」とか、「するどい!」とか質問者を喜ばせるような返しをしているからです。

こんな事言われたら嬉しいだろーなー、とか思いながら読んでました。

そんな竹中平蔵と言う人、実は小渕内閣、森内閣、小泉内閣での経済を支えていた人なのだそうです。
読んでても、その知識の豊富さにスゴイと思いました。

対話形式ということは、その場で質問について回答しているということなので、記憶力がないとつとまりません。
でも竹中さんはそれをやってのけていたので、頭が良いに違いありません。

特に良いと思ったのが、質問に対してその質問に対する背景まで解説しているところです。
歴史的な背景まで説明してくれているので、なるほど、と思うことが多々ありました。

ただ、残念だったのはこちらの本の発行年数が古いということです。
(これはしかたがない事なんですけどね。)

発行されたのは2000年ということで、小泉政権よりも前のことです。
なので、サブプライム問題とか、民主党政権、ギリシャ危機などは書かれていません。

なので、現在について竹中平蔵氏の声を聞きたくなりました。

それから、やはりこれは仕方のないことではありますが、対話形式ということで、統計やデータなど、竹中氏のセリフに対する裏付けがありません。

なので、竹中氏を好きかどうかで、こちらの本の内容が分かれると思いました。
# ちなみに、ろぐすけはニュートラルなので、今回の本で竹中好き派になりましたけど。



誰かに教えてあげたくなる情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

第2章:経済のあやしい主役・・・株の話

<会社はいったい誰のもの?>
一般的に「企業は株主のもの」というのが健全な考え方なのだそうです。
株主が積極的に発言をして、利益のために効率よく企業を動かす、これが大事ですと。
これをコーポレート・ガバナンスと言うそうです。
  コーポレート=会社
  ガバナンス=統治
という意味ですね。

しかし、日本ではこの常識が通用しないそうです。
日本の企業の株主は誰かというと、別の企業なのですって。
企業同士が株式を持ち合っているのだそうです。

どうして、企業間で株を持っているかというと、これは経営に参加するためではなく、
「おたくのことには口出ししないから、その代わりうちのことも言わないでくれよな」
という事ですって。

その結果、株主総会とか誰もいかないので、健全な個人投資家が参加できないのだとか。


でも、このコーポレート・ガバナンスが働かないゆえにいい面もありました。

何でしょうか。

それは、配当しなくてよいということです。

一般的に株式会社は株主に配当することで、株を持ってくれてありがとうね、これからもよろしくね、という相互作用が働きます。

ですが、日本における株主は他の企業なので、お互い配当金不要とうい暗黙の約束をしておけば配当しなくすみます。

その結果、配当金を会社で使えるお金に回せるので、他の国の企業よりもお金が使えるということです。

そもそも、株式会社とは、株によって資金を集めその結果得られた利益を株主に配当する。
そうすることで、企業も株主もWin-Winな関係が築けます。
ですが、日本は本当に特殊で、株によって集めた資金で得られた利益を自社のお金に回すと。

こんな方法を編み出したのは、日本だけなんでしょうね。

斜め上行ってます。

<知られざる株価指数>
J30って知ってます?
これは毎日新聞が出してる株価指数の事で、30社の平均を元に出しているのだそうです。

株価指数とは、日本の景気を示す数字の事です。
選ばれし株式会社の株価の平均を見て、上がったら景気あげあげ、下がったら景気DOWNってやつです。

この株価指数で有名なのは、日経新聞が出す日経平均株価(225)、東京証券取引所が出す東証株価指数(TOPPIX)があります。

この二つ以外にもあったということに驚きです。

ちなみに、2005年から一切公表されなくなったとか。
何のための株価指数なんだとか。


第3章:払うのか 取られるのか・・・税金の話

<竹中平蔵が考える理想に近い税のあり方>
人頭税(じんとうぜい)です。

収入や年齢に関係なく、国民一人につき同じ税金を課せるという方法です。

年収100万円の人も、年収1億円の人も子供も同じ税金を掛けるということですね。

「金持ち優遇だ!」と思われるかもしれませんが、ここで「良い税金の3条件」が出てきます。

1、簡素であること
2、公平であること
3、中立であること



人頭税は、1、3、を満たしています。
みんなから同じ金額を税金をもらうので、簡素です。
また、同じ金額をもらうという意味では中立です。

でも2、の公平性については微妙です。

公平ってことは、不公平がないってことです。
お金持ちと貧乏の人との間で同じ税金は不公平だ、という話になってきます。

じゃぁ、お金持ちからたくさん徴収すれば良い、というのが今の日本の所得税であり、累進課税というものです。

でも、お金稼ぐ人たちは、社会の中で価値を生み出しているという人でもあるのです。
そのような貴重な人からたくさん税金を徴収するより、たくさん稼いでもらったほうが経済が回りますよ、だから金持ちも貧乏な人も同じ税金を徴収する人頭税こそ、理想に近い税金なのではなかろうか、というのが竹中平蔵どんの答えです。


では、今の日本で人頭税を導入してみたらどうなるか、ほぼ中卒のろぐすけが計算してみました。

まず日本の1年間の税収は平成21年度で58兆円です。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/EE_NZ.html
(もっと少ないかと思ってましたが、新聞とかテレビで発表されている税収は国債の利子の支払いが引かれているのですね)

これを1億2000万人の人口で割ると、一人当たり年間48万円の税金になります。
月にすると4万円です。

この税金は、老若男女、無収入でもさっき生まれた子どもでも関係なく、1人から問答無用に4万円を徴収します。

すると、夫+妻+子供二人の家計だと16万円の税金が必要になる計算です。

これが人頭税を導入した場合の日本の税収になります。

次に、逆に廃止になる税金を見てみましょう。

それは、所得税、法人税、住民税、消費税、厚生年金(?)とかが無くなります、多分。
# 厚生年金も思い切ってなくしました。

そうすると、給料が20%上がりますよね。(ろぐすけ給料の手取りが総支給の約20%なので。)

手取り20万円なら24万円。
手取り25万円なら30万円。
手取り30万円なら36万円。

さらには法人税も0%でOKです。

その結果、トヨタだと7152億円の法人税を払っているのでその分が浮きます。
http://q.hatena.ne.jp/1182581484

トヨタの従業員は2010年3月現在で320、590人。
http://www2.toyota.co.jp/jp/about_toyota/outline/index.html

この法人税で飛んでたお金を全て従業員に還元したら一人当たり年間約223万円もお給料UPです。
月に換算すると18万5千円の給料UP。
トヨタウハウハだに。

これなら、毎月4万円の税金を払ってもOKって思うけど、まぁ実現するわけないか・・・。

<所得税ゼロの人>
サラリーマンの30%の人は、所得税ゼロ円なのだそうです。
所得税をゼロ円にする方法ははこちら。↓
http://q.hatena.ne.jp/1089790680

そこはまぁ、収入低い人に対する優遇制度ということでしょうがないのですけど、ここである大問題がおきます。

それは、所得税ゼロの人に対しては、所得税減税による経済政策効果がないということです。
その結果、地域振興券という商品券みたいなのがばらまかれる結果になってしまいます。

ですから、減税の効果が得られない人もいるよー、ということでした。

第4章:何がアメリカをそうさせる・・・アメリカ経済

<アメリカが独立しようとする国を助けない理由>
湾岸戦争時代、イラク軍から迫害を受けてたクルド族が独立しようとしたことがありました。
正規軍であるアメリカは立場上助けても問題なさそうですが、アメリカはこれに介入することは絶対にないそうです。
中国からチベットの人たちが独立しようという動きもあるのですけど、ここにも絶対に介入しません。

なぜかというと、アメリカに住む民族が独立されると困るから、なのだだそうです。
アメリカはいろんな国のいろんな民族が集まった多民族国家です。
そのため、アメリカがどこかの国の独立しようとする国を助けると、それは独立を応援することになってしまいます。
すると、アメリカ国内の民族が、アメリカの考えは独立OKなんだ、と思って独立する動きが出てしまいます。
これを恐れているわけですね。
大人の事情ってやつです。

<アメリカが国家間の交渉になれているわけ>
アメリカでは各州が国みたいなもんです。
そのため、その州と州の間では日米間に見られるようなトラブルなんか、しょっちゅうあるそうです。
その紛争というかトラブルをこれまで何度となく解決したりルールを是正とかしてきました。

そんな事例をたくさん経験してきたアメリカなので、交渉上手というわけです。

日本は当然、県と県の間でトラブルなんか殆どないと思いますので、ルールの違う集団同士のトラブルをうまくまとめる交渉があまりお上手ではないのですって。

<アメリカが考える競争力のつけかた>
アメリカって競争力ありますよね。
その競争力が高いのには理由があるそうです。

日本では、企業に競争力を持ってもらうためにやることは、補助を与えて強くしようとします。

対してアメリカでは企業に競争力を持ってもらうためにやることは、ただ1つ、もっと競争させることなのだそうです。

<iPhone が使いやすい理由>
アメリカの商品は、文字が読めない人でも商品を使えるようにピクトグラフとかシンボルが凄く発達しているそうです。

で、思ったのがiPhoneが説明書なしに使えるのは、こういったところから来ているのだと思いました。
日本みたいに説明書ありきの社会では考えられないですよね。

そもそも、日本人で読み書き、計算ができない人なんて殆どいませんから、そういった人たちを無視できました。
ですが、世界に売ろうと思ったらムシできませんよね。
ということは、最初からそういった設計が必要なのだと思いました。

もしかしてサムスンのテレビがアメリカで流行っているのもそういうことがあるのかな。

第8章:お金儲けはクリエイティブな仕事・・・企業とビジネス

<他人の土俵で相撲を取れ>
カネボウ化粧品という企業を知っているでしょうか。

もともとカネボウは繊維専門の会社だったのですが、ある日化粧品業界に参入したそうです。

化粧品業界のトップはご存知資生堂なのですが、それに比べるとカネボウ化粧品なんて誰も知りませんし、ブランド力もありません。

資生堂の売上がが10だとすると、カネボウは1くらいです。

しかし、ここでカネボウはある戦略がありました。

それは、資生堂と同じ土俵で相撲を取ると言う作戦です。

資生堂がキャンペーンで口紅をしたらカネボウも真似てキャンペーンで口紅をする。
資生堂がアイシャドウならカネボウもアイシャドウ。

というように、資生堂と同等のように張り合うのです。

そうすると、一般人には資生堂とカネボウ化粧品が10対10に見えるのですって。

そうすると、売上も10対1から、10対3とか4にまで上がったのだそうです。。

こんなことってあるのですね。
びっくりです。


いやー、竹中平蔵は賢いわー。
インターネッツを見ると、叩かれたり擁護されたりと大忙しですが、ろぐすけ的には好きな人系です。

竹中平蔵氏のTwitterhはこちら。

それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/238-8cb67356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。