ストレス発散するなら自転車でウッドボール。 - 読書の花道。

ストレス発散するなら自転車でウッドボール。 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » 自転車 » ストレス発散するなら自転車でウッドボール。

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス発散するなら自転車でウッドボール。 はてなブックマークに追加

ストレスを発散するなら自転車でウッドボール(決まり=木毬)です。

その理由は次の通り。

1.あんまり疲れない。

自転車って下半身しか使わないので、あんまり疲れないと思うかも知れませんが、
その通りあんまり疲れません。

疲れるといったら、坂道や立ちこぎするときですが、それ以外は、普通です。

そのせいなのかな、ずーっと走りたいと思ったりします!



2.景色の流れが速い

走る事と違って、自転車ってスピードがあります。
そのため、景色がすごく早く流れるのです。

走ったりする場合は、景色がのんびり流れるのですぐ飽きちゃうのね。
でも、自転車だと景色がちょうどよく流れるので、気になった景色があったらゆっくり走って
飽きたらスピード出して次の景色を探す、といったことができます。



3.走ったコースを記録できる

iPhoneを使っている人は、「EveryTrail」というツールを使うことで以下の情報が記録されます。
  ・走ったコース
  ・走った時間
  ・距離
  ・速度

この情報があるおかげで、今日はどこそこを走ったとか、どれくらいの時間走ったとかが分かります。
こういった情報があると、モチベーションの継続につながります。

iPhone持ってる方は是非やってみてください!



4.僕の町の発見につながる。

自転車って、結構遠くへ行けます。疲れないしスピード出るし。
頑張れば、半径15kmくらいまで行けそう。

そのため、歩いていける範囲よりもっと遠くのところの探検ができます。

これが非常に面白い!

知らないところって、本当におもろいです。

たまに、変なところに入って、そちらの住民の方に変な目で見られたりしますが、そんな時はピューって走りすぎちゃえばOKです。



5.無我の境地を味わえる。

自転車ってあんまり疲れないから、のんびり走れますよね。
最初は、景色を見たり、考え事とかしたりするのですが、たまにいつのまにか走っている状態になることがあります。

あれ?オレいつの間にここまで来たんだろう?

みたいな。

これ、きっと無我の境地ですよ。

悟りです。

だからといって、ベホマラーとベギラゴンを両方使えるとか特に何かを得られるわけではないのですが、「何も考えない時間があった」という事実があるだけで、なぜかうれしくなってしまいます。

いつも、悩み事だらけで脳みそさんにたくさんストレスかけているけど、この無我の境地で少しでも脳みそさんのストレスが軽減されれば、と思ったりします。



ちなみに、まだ3回しか自転車で走っていませんけど、そんなの関係ありませぬ。

良いと思ったのだからしょうがないのです。

ではでは!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/245-cf5fcb12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。