[感想] 「池上彰の政権交代がわかる!」池上彰 著 - 読書の花道。

[感想] 「池上彰の政権交代がわかる!」池上彰 著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » 政治・経済の本 » [感想] 「池上彰の政権交代がわかる!」池上彰 著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「池上彰の政権交代がわかる!」池上彰 著 はてなブックマークに追加

池上彰の政権交代がわかる!池上彰の政権交代がわかる!
(2009/08/22)
池上 彰

商品詳細を見る


本の紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄

毎日小学生新聞で連載している時事ネタを集めた本。

内容は、政権交代のちょっと前の内容を寄せ集めた感じ。

麻生首相時代の出来事や、北朝鮮の核実験、ソマリア沖の海賊対策、新型インフルエンザ、GMの倒産などなど。

さすがに小学生向けに書かれていることもあり、非常に分かりやすい。

さすが池上さんだなー、と毎度ながら感心させられる。

各テーマはこんな感じです。

第1章:政治のニュース
第2章:海外のニュース
第3章:社会のニュース
第4章:経済のニュース



感想
 ̄ ̄

言って良いですか?

言っても良いですか?

詐欺ですか?

まず、タイトル「政権交代が分かる!」です。

ここから、政権交代によってこれまでと違うことについて書かれていると思っちゃいますよね。

ですが、実はそうじゃなくて2009年の衆議院議員総選挙前に、政権交代を後押しするつもりで書かれた本ということが読んで分かりました。

久しぶりに一本取られた気分です。

なしてこげな本出すんわいね、池上さん。

さらに、この本で一番許せなかったのが、故 中川昭一財務・金融担当大臣のこと。

終始酔っぱらいのことだけに集中しており、「人類史上最大の貢献」についての説明はありませんでした。

こうした、一方向でしか解説しないの、嫌いです。

ろぐすけが知らない情報だったら特に気にならないのですが、知ってるだけに余計腹ただしいです。

池上さん、どうしちゃったんだよぉ。

というか、この本は政権交代時の本で、ろぐすけが池上さんのことを知ったのは最近だから、こっちの池上さんが本当の姿なのではないかと疑問が湧いてきました。

ということで、これから過去の池上さんの本を読んで池上さんの考え方を追っていきたいと思います。


教えてあげたくなる情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今回は一個だけです。
それ以外は、特に感動するでもなく、どこかで聞いたことがあるような情報ばかりでした。

まぁ、小学生向けの本なので、ダンディズム溢れるろぐすけからしたら知ってて当然かも知れませんんんんん!!!


<仲の悪いキューバにある米軍基地>
アメリカは経済制裁するほどキューバと仲が悪いです。

ですが、そのキューバに米軍基地があるそうです。

これをグアンタナモ収容所と呼びます。

その基地は、その昔にアメリカとキューバがまだ仲が良かった時に作ったそうで、今でも残っているのですね。

で、その基地はキューバの領土のあるのでアメリカの法律が適用しなくてもいいそうです。

これに目をつけた、前ブッシュ大統領がテロの容疑者として捕まえた人たちを収容したそうです。

もしアメリカの収容所に入れると、人権問題や裁判官がついたりといろいろ面倒くさいです。

ですが、キューバの収容所だと拷問とかかなり無茶できます。

ですから、ブッシュ大統領はこの収容所を利用したというわけです。

しかし、オバマ政権は「それはけしからん!」ということで、このグアンタナモ収容所を閉鎖しました。

ただし、テロの容疑者を開放するとまたテロするかもしれないので、その扱いをどうするか未だ協議中なのだそうです。

★★★

それじゃーねー!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/249-5a8da4ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。