[感想]「1Q84 Book1」村上春樹著 - 読書の花道。

[感想]「1Q84 Book1」村上春樹著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [感想]「1Q84 Book1」村上春樹著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]「1Q84 Book1」村上春樹著 はてなブックマークに追加

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


<絵にするとこんな感じ>
1Q84のアレ

<分類できぬ>
ミステリーじゃなく、推理小説でもない、まさかSF?

そんな感じ。

予備知識なしで読みましたが、あった方が良いかもしれないです。

予備知識ないと、全体が掴めないしどこに向かっているのかさっぱり分からなくなりますので。


<中の上?>
ろぐすけの感想ですが、正直、普通でござーました。

少なくとも、ろぐすけが崇拝する東野圭吾のガリレオシリーズや、今野敏の隠蔽捜査には敵わぬ。


<情景の押し売り>
好き・嫌いが分かれるポイントとして、その細かな説明を受け入れられるかどうかにあると思いました。

東野圭吾や今野敏とかの作品の場合、短い説明で情景が解説されます。

しかし、村上春樹の作品の場合、すごく細かく、さらに例え話を加え、とにかく抽象的に、比喩を多く用いた内容だなぁと思いました。


<小松ちゃん>
この作品で一番印象的だったのが、一匹狼の編集長、小松ちゃんです。

この人の交渉力・説得力はハンパない。

「こうしよう、良し、決めた」と思った事を小松ちゃんに電話で話すと、瞬殺されるのです。

主人公の天吾君が。

<性描写多いすね>
もんすごっ、性描写が描かれてます。

えぇ、そりゃもう。

子どもには見せられません。

そこまで言う必要あるのかと言うくらい、エロスの描写が多いです。

刺激が強いぜ。


<でも続きが気になる>
Book1では、謎ばかりを残して終わりました。

この回収作業はBook2、Book3に委ねられたのでしょうけど、こんな未解決な状態では終われません。

ということで、今後続きを読もうと思いましたよ。


<帯を考えてみた>

その女性の名は青豆。
暗い過去を持ち、独自に編み出した暗殺技術を持つ女性。
はげた中年男性を好み、一夜限りのアバンチュールに勤しむ。

その男性の名は天吾。
暗い過去を持ち、小説家を目指す男性。
「ふかえり」という17歳の小説家が書いた異能な小説に惹かれ道を外していく。

その男性の名は小松。
天吾に仕事を回す編集者。一匹狼で自分の判断に迷いがない唯我独尊な性格。
その判断力は、戦時の前線で大いに効果を発揮するだろう、と天吾談。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/256-da5387ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。