[秀才★★★★☆]スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ 著、井口耕二 訳、外村仁 解説) - 読書の花道。

[秀才★★★★☆]スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ 著、井口耕二 訳、外村仁 解説) - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ビジネスの本 » [秀才★★★★☆]スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ 著、井口耕二 訳、外村仁 解説)

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[秀才★★★★☆]スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ 著、井口耕二 訳、外村仁 解説) はてなブックマークに追加

自分のパソコンの周りを見渡してみてください。

Apple製品はいくつあるでしょうか?

ろぐすけは、iPhone(3GS)、iPodです。
あれ、結構少な。

そんなApple製品の生みの親、というかAppleそのもの、のApple CEOであるスティーブ・ジョブズ。

この人、プレゼンがすごいそうです。
見た人みんな感動するとか、しないとか。

Appleが新商品を発表するとき毎回このスティーブ・ジョブズが行うのですが、それはもうすごいそうです。
何がすごいって、そのプレゼンが。
毎年長蛇の列で前日から並ぶ人もいるそうです。
それほどこのスティーブ・ジョブズという人のプレゼンを見たいのでしょう。

いや、実際見たいのはAppleの新商品なんでしょうけども、みんなはその新商品をこの人に紹介してもらいたいのです。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る


本書は、その天才的なプレゼン能力で人々を魅了するスティーブ・ジョブズのプレゼン技法を18個+1個に分類して解説した本となっています。

内容はかなり分厚く400ページほどあります。
読むのに2日はかかるでしょう。
しかし、本当に面白いです。

内容はスティーブ・ジョブズがプレゼン時に語った内容が書いてあるだけなんだ。

でもね、それがなぜか面白い、次が気になる、続きも気になる、という気になる連鎖が起きます。

文章を読むだけで大ファンになりそうなくらいですからね、実際見に行ったら卒倒しそうです。

実際どんなプレゼンなんだろう、と見てみたのがこちらです。

史上最高のプレゼント呼ばれているとか呼ばれていないとか。

iPhone発表の時のプレゼン


語りだしたらきりがありませんので、本書で紹介していた18+1個のプレゼン技法を紹介しましょう。

第1幕 ストーリーを作る


シーン1. 構想はアナログでまとめる


PowerPointとかKeynoteじゃなくて、紙やホワイトボードにまとめましょう、というお話。

シーン2. 一番大事な問いに答える


ここすごく重要です。
なぜ、忙しい我々が時間を作ってまでそのプレゼンを見ないといけないのか。
これがプレゼンを見にくる人の最大の問いです。
これに答えられるようにしましょう。
良くあるのが、いきなり商品の機能をプレゼンする人。
だから一体それがなんなのだ、と思われます。

シーン3. 救世主的な目的意識を持つ


これはイマイチ分からなかった。
とりあえず、自分だけのパッションステートメントを作りましょうとの事。

シーン4. ツイッターのようなヘッドラインを作る


ツイッターはどうでもよろしいのだけども、英語なら140文字以内て伝えるようなインパクトある見出しを打ち出しましょう、と言う事。
日本語なら70文字で。
スティーブジョブズはiPhone発表のとき、こんなヘッドラインを出しました。
「今日、アップルが電話を再発明する」
とね。

シーン5. ロードマップを描く


ロードマップ、つまりこれから進む方向について夢のある事を言いましょうとのこと。
ここで大事なのはテーマを3つに絞ることらしいです。
人は一度に3,4個しか覚えられないそうな。
なので、記憶に残りやすい数で最適な3つをテーマとしてあげると良いとありました。
そう言えば、ワンピースの大将も三人ですからね。
ド天才は3と言う数字を好むと言うことを覚えておきましょう。

シーン6. 敵役を導入する


これは意外でした。
敵役を作りましょう。
アップルのパソコンならIBMやマイクロソフトがそうでした。
iPhoneを売り出す時はスマートフォン全体がそうでした。
人は悪者が出ると退治してくれるものを求めます。
そこで次のシーン。

シーン7. 正義の見方を登場させる


敵役の悪い部分について、我々アップルが解決しました!という形で正義のヒーローを登場させます。
ここまできたらもうプレゼン大成功間違いないですな!
クノクノ

第2幕 体験を提供する


シーン8. 禅の心で伝える


プレゼン資料で良く箇条書きを目にすると思います。
しかしこれはNG!一つのシートでは一つのテーマに絞りましょう。
もし、「そんな事したら何十枚にもなってしまうよー」、と言う人は3つに絞りましょう。
これが大事。
全て伝える必要ない見たいね。
禅が何を指すのかこれまた良く分からなかったけども。

シーン9. 数字をドレスアップする


新型のiPodのサイズは5GBですぅ!と言われたらどう思うでしょうか?
おそらく単位の大きさが分からなければ、驚くこともできないでしょう。
しかしこれが、「1000曲を持ち運べる事が出来るサイズなんだ」と言われると、それは凄い!と思うのではないでしょうか。
こうした形で、数字を誰にでも分かりやすく例えて話しましょう、と言う事で。

シーン10. 「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う


専門用語や業界の特殊用語とか使ったらダメ。
そうじゃなくてすっきりとしたコピーの文句を考えましょう、ということ。

ジョブスの場合、OSXのインタフェースについて質問された時「思わずそっとなめたくなる」という表現をした。

初代iPodへ音楽を転送する方法を説明するとき、「つなぐ。シューーーン。おしまいだ。」という表現をしました。

シーン11. ステージを共有する


プレゼンター以外の人にもプレゼンに参加してもらいましょう、という事です。
ジョブスの場合、新製品発表の場でアップルの社員を突然立たせ、みんなに拍手を求めるようにしました。
これは、アップルの社員気合入りますよね。

シーン12. 小道具を上手に使う


製品デモをうまく利用しましょう、とありました。
例えば、マックブックのフレームをみんなにも見てもらおうと、アルミニウムフレームを観衆に回し、実際に手にとって見てもらうようにしました。
iPhone発表の時は、Google Mapを使い近くのスターバックスコーヒーを探すということまで実演しました。
さらにすごいのは、そのままスターバックスコーヒーに電話したこと。

「おはようございます。スターバックスです。」
「あ~、ラテを4000個、持ち帰りでお願いしたいんだけど・・・いや冗談だよ。間違えたらしい。悪いね。」


会場大爆笑。

シーン13. 「うっそー!」な瞬間を演出する


みんなビックリするような演出を行いましょう、ということ。
ジョブスはiPhone発表の時、このような「うっそー!」な瞬間を演出しました。

「今日は革命的な製品を3つ、紹介する」

「まず最初は、タッチコントロール機能を持つワイドスクリーンのiPodだ」

「2番目は、革命的な携帯電話」

「そして3番目。インターネットコミュニケーション用の画期的な機器だ」

「つまり、この3つだ。タッチコントロールによるワイドスクリーンのiPod、革命的な携帯電話、画期的なインターネット機器」

「iPod、電話、インターネットコミュニケータ。iPod、電話ーもう分かったかい?3つに分かれているわけじゃないんだ」

「実は一つ。iPhone っていうんだ」

「これがそうだ」



iPhoneの元ネタ


第3幕 仕上げと練習を行う


シーン14. 存在感の出し方を身につける


ボディランゲージや喋り方に気をつけましょう、という事です。
例えばジョブズは、台本を持ちません。
そのため、常に観衆にアイコンタクトを送っています。
またジョブズは腕組みや演台の後ろに立つこともありません。
常にみんなから見える位置に立ちます。

シーン15. 簡単そうに見せる


とにかく練習だそうです。
ジョブズはプレゼン前には徹底的に練習を積むそうです。
一日何時間もの練習を何日も何日も練習するそうです。
こうして自信を付け、プレゼンの時は余裕の表情で振舞うことが大事とありました。

シーン16. 目的にあった服装をする


これはあんまどうでも良いかな。
ジョブズの服装は、黒いモックタートル、色あせたブルージーンズ、白いスニーカーです。
これはジョブスだから通用するけど、他の人がやったらダメよ、という事を言いたいのかと。

シーン17. 台本を捨てる


プレゼン中に台本とかメモはあまり見ないほうがいいですよ、とありました。
メモを見るにしても観衆から気付かれないようにするとか、ちらっとみるとか、そういう感じにしましょう、とのこと。
また、プレゼンシートばかり見るのもダメ。見るのは観衆ですよ、と。

シーン18. 楽しむ


とにかくプレゼンを楽しみましょう、ということです。
ジョブズはプレゼンの時にトラブルが起きても動じないそうです。
プレゼンの画面が次のスライドに映らなくなった時も、小ネタを交えその場の冷え込みを回避しました。


アンコール


最後にもう一つ


ジョブスはプレゼンの最後に「もう一つだけ」という事で、重要なことを話すそうです。
この小さな驚きはジョブスの基調講演におけるお約束として聞き手側も楽しみにしているとか。
そして、お約束として期待されているからこそ、ジョズはときどき、「もうひとつ」をやらずに講演を終えるそうです。
必ずあると思われると誰も驚かなくなってしまうから。

★★★

どうでしたでしょうか、スティーブ・ジョブズのプレゼンについて。
ろぐすけは、今すぐマックブックが欲しくなりました。
安いモノで10万を切るとあるから、これは買いでしょう。

かなりスティーブ・ジョブズについて好きになった本でした。

それでは、また。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/279-79565c8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。