[面白い ★★★☆☆]アリアドネの弾丸(海堂尊 著) - 読書の花道。

[面白い ★★★☆☆]アリアドネの弾丸(海堂尊 著) - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [面白い ★★★☆☆]アリアドネの弾丸(海堂尊 著)

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[面白い ★★★☆☆]アリアドネの弾丸(海堂尊 著) はてなブックマークに追加

久しぶりに海堂尊氏のミステリー小説を読みました。

読んだ感想は、やっぱり田口&白鳥コンビは健在ということでした。
やはりこの二人が揃うと面白い。

アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


感想


 素直に面白いの一言でした。冒頭から人が死んだり、田口がまた神輿に担ぎ上げられたりと、海堂尊節が炸裂していたように思います。そんな中でも一番面白かったのは、ジョーカー的な存在である彦根の存在です。切れ味鋭い、誰にも文句を言わせない、そんな筋道建てた彦根の発言は圧巻でした。しびれます。

 残念なところは、やはり文章が難解なところでしょうか。白鳥の発言の中に色々難しい内容が出てくるのですけど、その内容がテンポを悪くさせます。えーっと、この単語の意味はと、といった具合でイチイチ考えこまなければなりません。これが残念なところでした。ろぐすけのおつむが弱いというせいもあるのかもしれないですけど、他の著者の作品ではこんな思いは抱かなかったことから、やはり海堂尊節だからなのでしょうか。

帯の紹介


帯はこんな感じになっております。


"バチスタ"シリーズ累計850万部トッパ!
あの田口・白鳥コンビ待望の最新刊!
病院内で起きた射殺事件。犯人は高品病医長?
仕掛けられた完全無比のトリック!
タイムリミットは72時間。2人は東城大学病院を救えるか?

東城大学病院で再び殺人事件が!

「この事件はすべてが不自然すぎる。
絶対にどこかがおかしいんだ」


 東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に怒る事件の数々。さらには、病院長にわ収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!
 殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働相のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む!



ログすけ式内容紹介


 簡単に説明するとこんな内容。

 グチを聞く科である田口君。ひょんなことから、新設されるエーアイセンター長になりました。もちろん高階医院長の操り人形という形で。こうして担ぎ上げられた田口の裏で、我こそはエーアイセンターをコントロールしようという猛者どもが7人集結しました。この人たち、副センター長として田口に使える事で虎視眈々と権力を手中に収めようとします。
 さらに、オブザーバとして4人も配属。そんな組織のTOPになった田口くんはこれ以上面倒事を増やさないで、とため息です。

 そんな中、CTやMRIの技術者である友野君が死にました。死んだ場所は、病院内。MRIの中でという異常な死に方。CTで検査するも死因不明。結局未解決のままとなりました。

 ある日、白鳥と田口は同じくエーアイセンターの副センター長である宇佐見に呼び出されます。その場所は病院。宇佐見は元警察官でありキャリア組。雰囲気からキケンな匂いがします。

 病院では宇佐見に友野君が死んだ時アリバイは会ったかどうかということを尋問されました。どうも田口が疑われているらしいです。田口が正直に答えて問題ないかもと分かった途端、宇佐見がとんでもないことを口走りました。

「高階病院長が収賄容疑で自供を始めた。」

 なんと、高階病院長が収賄容疑で逮捕されようとしているではありませんか!!これは何かの間違いだ、そんな事ありえない、と白鳥と田口は言います。

 と、そこで突然爆発音が。

 宇佐見から尋問されていた場所の一つ下の階で爆発音がしました。しかも銃声も聞こえます。そこで元警察の宇佐見だけでその場所に向かいました。そこで見た光景はとんでもないもの。なんと、宇佐見と同じく副センター長としてエーアイセンター設立に関わっている北山が死んでいたのです。北山も元警官で元キャリア。エーアイセンターに天下ってきた一人です。その人物が銃で撃たれて死んでいるのです。

 しかもなんと、その傍らには銃を持ち気絶している高階医院長の姿が。

 すぐに警察が到着し、状況証拠から完全に高階医院長が北山を銃殺した事になりました。

 現役の大学病院長が元警察キャリアを銃殺した。これが報道されれば東城大学病院は一瞬で破滅します。
 
 田口も白鳥ももちろん高階医院長が犯人などとは思っていません。

 高階医院長が起訴されるまでの時間はおよそ72時間。

 絶望的とも言える不利な状況を白鳥と田口は解決できるのでしょうか。

★★★
というおはなしでした。

危ない危ない、最後まで書ききってしまうところでした。

それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/294-bab31b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。