[面白い ★★★☆☆]この国を出よ(大前研一&柳井正 著) - 読書の花道。

[面白い ★★★☆☆]この国を出よ(大前研一&柳井正 著) - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » 政治・経済の本 » [面白い ★★★☆☆]この国を出よ(大前研一&柳井正 著)

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[面白い ★★★☆☆]この国を出よ(大前研一&柳井正 著) はてなブックマークに追加

何も決められない政治家。

動けない官僚。

危機感のない国民。

教育しない企業。

この全てにおいてダメ出しした本に出会いました。

かなり痛烈です。痛恨の数撃です。

国レベルでアドバイスする人、大前研一。

世界でその企業名を知らぬモノは居ないほど有名になった、ユニクロの生みの親で、ファーストリテイリング代表の柳井正。

この二人が言いたい放題言ってます。

この国を出よこの国を出よ
(2010/09/29)
大前 研一、柳井 正 他

商品詳細を見る


紹介


この国を出よ、というのは海外で勉強して来いって事。
で、勉強したら日本にフィードバックしてね、という本です。

もはや、世界はグローバルです。あ、同じことか。

なので、世界を見て、世界を市場として戦えるリーダーを育成しないといけません、と言ってました。

本書は、大前研一と柳井正の対話形式という形ではなく、交互に思いを語った内容になってました。

よくある対談集だと、こんなんじゃないすか。

大前「ハラ減ったぜ」
柳井「そうですね」
大前「なんか食べようぜ」
柳井「マックなんかどうですか」



しかし、本書はこんな感じで進められます。

お腹が減るのはなぜだ!ー大前ー
 うんたらかんたら・・・

空腹とユニクロの関係 ー柳井ー
 うんたらかんたら・・・



つまり、読みやすいって事です。

対話形式だとなんだか安っぽく感じますが、しっかりまとまった文章で書かれていたので、非常に読みやすいと感じました。

柳井さんは政治嫌い


柳井さんは政治大嫌いなのだそうです。
言った事を守らないから。
しかし立場上これまで政治的な発言を控えてきました。
影響力があるからね。

しかしもう我慢ならん!と。

もはや限界だ!と。

ということで、今回初めて(?)政治に踏み込んだ発言を大前研一さんと一緒に語っていました。

ジャパン・ナッシング


ジャパン・バッシング(日本叩き)

ジャパン・パッシング(日本外し)

ジャパン・ナッシング(日本無し) ← いまここ

海外で活動するお二方の目から、今の日本の実情を表した言葉です。

例えば韓国。
これまで、韓国は事あるごとに反日感情で日本を非難してきました。
しかし今やもうそういった事も少なくなってきたとあります。

理由は。

サムスン、LG、ポスコ、現代自動車などが台頭し、日本企業なんてウンコに見えてきたからです。

もう日本なんて目じゃない、もっと高みを目指そうぜ、という感じで。

先人の知恵に学ぶ


なんと、大前研一はドラッカーと知り合いなのだそうです。
ドラッカーの家に遊びに行ったら、大前研一の本だけは書斎の真ん中に置いてある、と褒められたそうな。
オレもそんなふうに言われたい。

ちなみに、大前研一の本は歴史上の経営書トップ50(英国の経済誌調査)に2冊も入っているそうです。
同一人物が2冊の本も選ばれるのは、この大前研一とドラッカーのみですって。

どんだけすごいねん、大前研一。

ちなみに選ばれた本はこちら。
企業参謀 (講談社文庫)企業参謀 (講談社文庫)
(1985/10/08)
大前 研一

商品詳細を見る


ボーダレス・ワールドボーダレス・ワールド
(1990/11)
大前 研一

商品詳細を見る


ポスト・ドラッカー


ドラッカーの次に来る人が紹介されていました。
それがこの人。
ダニエル・ピンク。

彼のモチベーションの講演は聴き終えると自分の考えが180度変わったような感覚になり、間違いなく面白い気づきを与えれくれるそうです。


と、大前研一氏が言ってました。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかモチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
(2010/07/07)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る


教育費1000億円


人材の育成に1000億円もの資金を投入している企業があるそうです。
それがこれ。
 「サムスン電子」
 「GE(ゼネラル・エレクトリック)」

売上の1%ですって(10兆円の売上の1%)。

日本企業はせいぜい0.1%程度でしょうと。

トヨタの売上が2010年で約19兆円だから、0.1%で190億円くらい。
ソニーの売上が2010年で約7.2兆円だから、0.1%で72億円。

この差は後で響いてくるよ、と大前さんが警笛を鳴らしていました。

ちなみに、GEのリーダ教育は面白いです。

10万人の社員の中からリーダの適性のある人物を1000人選ぶ。

教育。

10年待つ。

1000人から約200人に絞り込む

CEOとひとりずつ会食。(3~4年かかる)

一番良いヤツを選ぶ

日本再生の道


大前さんがとんでもない事を言ってました。

①消費税20%に上げる

②所得税・法人税を0%にする

③資産課税を設立。オマエラの貯金と資産から毎年1%もらうな。

④消費税をVAT(付加価値税)ってのにする


③は、日本国民の金融資産1400兆円と不動産資産1100兆円にそれぞれ1%課税しますすると、税収として25兆~35兆円の税収が入るそうです。

100万貯金したら毎年1万取られます。タンス貯金増えそう。

不動産は逃げようないすね。3000万の家持ってたら毎年30万か。たけーよおい。

④は良くわかりませんが、消費税の変形でヨーロッパ仕様らしいです。
この税金はGDP全体に税率をかける事になります。
日本のGDPは500兆円らしいのでここに10%の税率をかければ毎年50兆円の税収が入るそうです。

ということで、合計75兆円~85兆円もの税収が入る事になります。

日本の歳出は2010年で92兆円なので、もうちょっとガンバレば届きます。

おぉ、この作戦いいかも知れませんね。
さすが、元シンガポールの国家アドバイザーです。
凄いこと考えますな。

★★★

初めて柳井正さんと大前研一さんの本を読みました。

柳井さんは、情熱と持った国際的な考えが出来る人だと思いました。
成功しているように見えるのは、たくさんチャレンジしているからなのでしょう。
トライアンドエラーで、たくさん仕掛けて成功しそうなところに集中する、そういう手法で成功しているように見受けられました。

大前さんは、国際的な知識が豊富だと思いました。イギリスの情勢や、アジア、アメリカなど様々な条例を持ち出し解説していたので、客観的に説得力ある内容となってました。
企業参謀、読みたくなってきたぞい。

それでは、また。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/296-86464beb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。