[面白い ★★★☆☆]自己能力を10倍高めるトランスフォーム仕事術(松本幸夫 著) - 読書の花道。

[面白い ★★★☆☆]自己能力を10倍高めるトランスフォーム仕事術(松本幸夫 著) - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ビジネスの本 » [面白い ★★★☆☆]自己能力を10倍高めるトランスフォーム仕事術(松本幸夫 著)

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[面白い ★★★☆☆]自己能力を10倍高めるトランスフォーム仕事術(松本幸夫 著) はてなブックマークに追加

生まれたてのビジネスマン


 ひもどりは社会人もうすぐ10年くらいになります。驚くべきことに、その間、会社から社会人としてのスキルについて何一つ教育してもらったことありません。

 当たり前です。社会とは学校とは違います。それでもなんとか仕事をしてこれたのですが、どうも最近、周りの人との力の差というのが顕著になってきた気がしました。これが、学生時代に勉学に励んだ人と、ただ生まれてきたから生きていた人(ひもどり)の違いなのでしょうか。

 こんな事をグリフィスに言ったら、鷹の団にはきっと入れてくれませんね。焦ったひもどりは、早速本屋さんに行きました。すると、ビジネス上で使えるようなノウハウが紹介された本(後にビジネス書と知る)がたくさんあるではありませんか!

 読んでみると、これまで誰からも習ったことがないようなことがたくさん書かれており、片っ端からビジネス書を読むようになりました。そんなたくさん読んだビジネス書の中から、一番体系的にまとめられた本と出会います。

 そう、その本がこちらです。

トランスフォーム仕事術トランスフォーム仕事術
(2009/03/12)
松本 幸夫

商品詳細を見る


 これまでのビジネス本とは一味違った切り口から「こうすべき」と言い放つ、自信たっぷりの本となっています。

 例えば目標達成までの道筋。よくある方法としては「トップダウン方式」があるじゃないですか。目標を細分化し小目標を達成して行くやり方の事です。

 小目標を達成する事で中目標を達成。中目標を達成する事で最終的な目標を達成。でも、小目標を達成するやり方だと大目標に対して本当に貢献できているのか不安になります。

 不安になるから迷う。そして諦める。しかしこの本では、まず目標に向かって行動せよと言います。行動しながら考え、修正。そしてまた行動。これを繰り返しなさいと言います。PDCAのサイクルですね。行動が大事なわけは以下の言葉にあるようです。
(ヒンズー教の教えだそうです。)

意識を変えれば、

行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格だ変われば、運命が変わる。



 つまり何よりも行動が大事と言うことです。

 次に仕事の効率化に付いても言及しています。効率化の目的は何なのか?これに答えられないと効率化はしないほうが良いそうです。

 ここからは、この本の各章を簡単に説明したいと思います。

タイムベースマネジメント


 時間を使うその質は自分の心のスタンス次第。時間の質が高ければ成果は大きくなる。デール・カーネギーの言葉で次のようなものがある。
「今日、一日の区切りで生きる」
 どんなに辛くても今日一日我慢して頑張りましょうと。これで気持ちが楽になるらしいです。

ToDoリストについて


 ToDoリストは一週間単位が効果的です。そのメリットは以下。
  ■ 達成感を得られる
  ■ 何日にも渡る仕事もカバーできる。
   何日にも渡る仕事は一つのToDoとして管理できる。
  ■ 年間52枚(52週間分)で済む。ちなみに、
   一週間ベースはヨーロッパスタイルなそうな。
   一日ベースはアメリカスタイル。

見切れる仕事、見きれない仕事


 見切れない仕事と見切れる仕事に分けましょう。

 見切れる仕事とは以下。
  ■ 人に任せられる仕事。
  ■ 80点くらいでOKな仕事
  ■ 今やらなくても誰にも迷惑がかからない仕事

 見切れない仕事は以下。
  ■ 自分しか出来ない仕事
  ■ 偉い人からの依頼
  ■ フィールドで発生した問題調査

仕事の3悪


 仕事の3悪を追放しましょう
  ■ ネットサーフィン
  ■ メールチェック
  ■ 探し物

スピードリーディング


 集中力が大事です。集中力を鍛える方法には次のようなものがあります。

数息観


 心の中で10まで数を数える。
  「ひとおーー(吸)っーー(吐く)」
  「ふたぁーー(吸)っーー(吐く)」
  「みぃーーー(吸)っーー(吐く)」
  「よぉーーー(吸)っーー(吐く)」
        :
        :
  「じゅぅーー(吸)っーー(吐く)」

腹式呼吸


 鼻から吸って、お腹を意識する。口でも鼻からでも
 息を吐く。
 6秒吸って、2秒止めて、12秒吐く

観察、記憶、再現法


 例えば目の前の人を20秒観察する。
 目を閉じてその人の特徴を思い出す。
 顔、体型、服装、髪型などなど

片足バランス


 片足で長時間維持する。慣れてきたら目を閉じる。

理解力のトレーニング


 分かろうとする事です。理解しようと努力する事です。これを習慣化にします。精読と流し読みをうまく使い分けます。

記録法


何をどのくらいの時間読んだか記録します。新聞とか良いかも、と言っていました。

スピードリーディング


 直感力が大事。毎日一定の時間を取ること。

 まず、テーマを決めます。次にスピーディに考え、とにかく徹底して考えましょう。一日30分この時、ぜひ行うことはメモをとりましょう。

3秒決断法


 とにかく3秒以内に直感で選択する感性を磨く。好き、嫌いをはっきりさせる事。感じが良いのか悪いのか、常にハッキリさせる事。

スピードライティング


 1次:考えてから書く
 2次:考えるのと書くのが同時
 3次:考えるより先に手が動く書写で能力倍増計画。
    新聞の社説とか。この時時間を計るとモチベーションを
    維持出来そう。
    慣れてきたら一番スピードが上がる方法を模索する。

★★★

 なんだか、あまりうまくまとめられませんでした。トランスフォームしないといけませんね。

それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/343-98fe3d0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。