「完全恋愛」を読んでみて - 読書の花道。

「完全恋愛」を読んでみて - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » 「完全恋愛」を読んでみて

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「完全恋愛」を読んでみて はてなブックマークに追加

これ。
完全恋愛完全恋愛
(2008/01/31)
牧 薩次

商品詳細を見る


一通り読んでみて思ったのは、謎だけをいくつもを残す本だなと思った。
でも、オチを読んで納得、あぁ、全て布石だったのね。
タイトル通りの事を成し遂げるために。

最初、完全恋愛って何だろうと思っていた。
完全犯罪なら良く聞くが、完全恋愛ってどういう事だろう?と。

完全なる相思相愛?
ちがう。

完全なる片思い?
それも違う!(でもちょっと近い)

完全に思いを隠した片思い?
それも何か違う!

答えは本編を読んでみて。
オレも実は良く分かっていない。

でも、作者が言わんとしている事は分かったような気がする。
どちらかというと、完全恋愛というより、
替玉恋愛、恋愛請負人、擬似恋愛、うーむ、
これ以上言うとばれそうだ。

それにしても、疲れた・・・。
400P以上あるんだけど、読むの疲れたわー。

物語はこんな感じ。
本庄究っていう画家を目指す少年が主人公。時は昭和22年終戦まもない頃。

究が住む村で殺人事件が起きた。
被害者はアメリカ軍人。

しかし凶器が見つからない。
さて犯人はだれでしょうか、というのが一章の問題。

ちなみに、究には小仏朋音っていう好きな子がいた。
でも離れ離れに。
究は誓う。

ぜってー小仏朋音と結婚してやる、とね。

時が経ち、昭和43年。
究も柳楽糺っていう名前で画家として売れてきた。
それから魅惑っていう弟子が出来た。

そんな時、あるパーティに呼ばれた究たちの目の前で
不可能犯罪が起きた。

福島県にあるはずの凶器が、沖縄県 西表島で女性の胸に刺さると言う
凶器時空越え犯罪。
実に面白い。

そして時は昭和61年。
究もいい年になり、魅惑も画家として何か売れてきたっぽい。
ええ年してから魅惑、結婚したんだったかな。

ここでも、完全犯罪が起きた。
福島にいながら東京で殺人を行うという、完全なるアリバイが
証明された犯罪が。
(東京にいながらだったかな。)

答えを聞くと、
「そんなんありかいやー!」
って叫びたくなるほどのトリック。

全ての答えは、平成19年、天才探偵が解決してくれる。
残り40ページくらいで。
(全部で438ページ)

現場も見ていないのに、話だけで解決してしまうなんて、
さすが作者が書いたこの天才探偵はすごいの一言。

背後にじっちゃんがいるのか、バーローって内心思っているのか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/73-cd580c9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。