「螺鈿迷宮」を読んでみた - 読書の花道。

「螺鈿迷宮」を読んでみた - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » 「螺鈿迷宮」を読んでみた

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「螺鈿迷宮」を読んでみた はてなブックマークに追加

これ。
螺鈿迷宮螺鈿迷宮
(2006/11/30)
海堂 尊

商品詳細を見る



論理モンスター、白鳥と互角、いやそれ以上か、の人物が
初めて出てきた。
その名も「桜宮 巖雄」。別名銀獅子。

桜宮病院を陰で支える重鎮。
もう最高っす。高階はバカ。もういらね。100%いらね。

この人のための作品と言っても過言ではないほど、あざやかなほど
清々しい生き様を見せ付けてくれる。

最初、チームバチスタシリーズの外伝てことでナメテいました。
グッチーや高階、速水、猫田が出ない時点で勝負をあきらめたか。
でも、海堂尊の作品てことでしょうがなく読んでみた。

が読んでみて、シュラのエクスカリバーを体の中心線に沿って
受けたみたい、そんな衝撃を受けた。

特に、クライマックス。
30以上(俺てき感覚)の伏線に散りばめられた様々な謎が、少しずつ
少しずつ紐解かれていく。
白鳥と銀獅子との第二戦、論理の応酬、銀獅子の壮大なバックホーン、
たじろぐ白鳥、解き放たれる火食い鳥。

最後は、陳腐な推理の先読みはやめたほうが良い。
全く当たらないから。

ある殺人の疑惑が最初から付きまとうのだけど、この作品はそんな事件は
あんまり関係なさそう。
読んでいくうちに、桜宮側に付きたくなる。
高階率いる東城大病院が嫌いになる。


あらすじ


東城大学医学部で万年留年する医学生がいた。
その名も「天馬大吉」。
幼馴染の葉子に弱みを握られ、黒いうわさが耐えない
碧翠院(へきすい)桜宮病院へ潜入捜査する事に。

潜入してみて出会ったのが桜宮血筋の双子の姉妹。
すみれと小百合。
すみれは暴れん坊。
小百合は冷静沈着。
口癖は「すみれったら詰めが甘いんだから」。
姉御肌だね。

その病院では、常軌を逸する出来事が起きていた。
まず、終末期患者(助かる見込みの無い患者)が普通に生活している。
そしてなんと、病院の業務も手伝っている。
体中にがん細胞が転移しているにも関わらず。

そんな時、変な看護婦と出会う。名前は姫宮と言う。
そう、白鳥の部下の別名「氷姫」である。
この姫宮(宮付く単語が多いのでこんがらがる)、ドジで間抜けな看護師役。

ミス・ドミノの異名通りの動きっぷりである。
オレの頭の中ではこの姫宮のイメージは、何回キャンディーズのしずちゃんに
なっている。


しかしこの病院何かがおかしい。
人が死にすぎる。

その真相を探るべく天馬の捜査が始まろうとしている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/75-703521b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。