「容疑者Xの献身」を読んでみた - 読書の花道。

「容疑者Xの献身」を読んでみた - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » 「容疑者Xの献身」を読んでみた

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「容疑者Xの献身」を読んでみた はてなブックマークに追加

これ。
容疑者Xの献身容疑者Xの献身
(2005/08/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る


日本小説業界の中で、満場一致で、史上最高傑作、
不正不出の名作と確定されたであろう素晴らしい作品。

この作品を形容する言葉が見つからない。
面白いという次元ではなく、魂に響く活字。
心で感じる本。
心眼を開眼させ、不揮発記憶領域に格納したい情報。

何が凄いって、主人公の石神が凄いのです。
そして探偵役のガリレオも。
ガリレオがいなければ、100%真実を導けなかった。
石神がいなければ、
この命がけの純愛が生んだ犯罪は成し遂げられなかった。


オレが、ミステリー小説を読もうと思ったきっかけとなる
作品、東野圭吾と出会えた事に感謝。
ありがとう、フジテレビ。
ありがとう、福山雅治。

物語はこんな感じ。

石神は高校の数学の先生。
お隣には、お母さんとその娘の二人暮しの
親子が済んでいます。

石神はそのお母さんの事好きです。

ある日、石神のお隣さんの部屋の音がうるさいです。
何かなと思って石神が除きに行くとそこには死体がありました。
その死体とは、そしてその死体を見た石神が感じた事は。
そしてそこから始まる、世界で一番美しい純愛と悲劇への
幕が開ける。

う~ん。なんかまとめ早かったな。
こうなったら最後のオチまで言ってやろうかな。

再gh、ふじこふぁjkjlfdぁj;
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/81-0c503181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。