[感想] 「ブラックペアン 1988」 海堂尊著 - 読書の花道。

[感想] 「ブラックペアン 1988」 海堂尊著 - 読書の花道。

読書の花道。 ホーム » スポンサー広告 » ミステリーの本 » [感想] 「ブラックペアン 1988」 海堂尊著

スポンサーサイト はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 「ブラックペアン 1988」 海堂尊著 はてなブックマークに追加

これ。
ブラックペアン1988ブラックペアン1988
(2007/09/21)
海堂 尊

商品詳細を見る



海堂尊の作品という事で、普通に面白い。
面白いが、なんと言うか設定がありきたりになってきた感が否めない。

主人公は普通の人。

バチスタシリーズの田口とか、
螺鈿迷宮の天馬とか
本作品の世良とか。

そして天才(外科医)がいますと。
バチスタシリーズの白鳥とか速水とか。
螺鈿迷宮の桜宮爺さんとか
本作品の高階とか。

そして、最後は貫禄勝ちみたいな決着になりますと。

少し、海堂シリーズとは距離を置いてみようっと。

展開はこんな感じ

1988年。昭和最後の年。
東城大学医学部付属病院に研修医として入局した
一人の青年、「世良なんとか」。
入局した医局は絶対君主制をモチーフとした佐伯教授率いる総合外科教室。
通称「佐伯外科」。
佐伯は豪傑であり腕はピカイチ。何人たりとも彼に逆らう事は出来ない。

そんな医局にある人物が講師として招かれる。
帝華大から来た、「高階権助」という男。
そう、現代では知らないものはいない、ゴンちゃんこと「高階権助」である。
20年後はアタックチャンスの人に似ている、とオレが勝手に
創造している。

世良は普通の医局員なのだが、ひょんな事から権助と共に
行動しなければならない事になる。
その結果、自分の運命を大きく変える事になるもう一人の医師と出会う。
名は「渡海なんたら」。


世良、高階、渡海、佐伯、それぞれの男達の挽歌が今始まるよー。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://warudairin.blog47.fc2.com/tb.php/87-f09387ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。